恐れへの脱却

 

正しい知覚を聖霊に尋ねる

 

子供がカーテンや影などを幽霊、お化けと知覚して恐れるが、

知覚の違う大人からみると知覚がずれているのがわかる。

子供にとっては幽霊、お化けとして見える知覚はとても確かなものだ。

それは疑いようがない。

それとまさに一緒のことだ。

私達はこの一部分しか見えない知覚が全てだと思っている。

そしてこの知覚が確かで絶対だと思っている。

お金に対する恐れ、人間関係に対する恐れ、将来の不安など

全てが確かな知覚だと疑いの余地がない。

 

自分の間違った解釈を手放し、真理を受け入れる事を

望むなら、聖霊が恐れを真理に入れ替えてくれる。

 

 

 

■ 奇跡講座 テキスト11章より抜粋

あなたを怯えさせるのは、兄弟たちや父やあなた自身の実相ではない。

あなたは彼らが何であるかを知らない。

だから、彼らを幽霊や怪物や魔物として

知覚する。何が彼らの実相であるか、それを知るものに尋ねなさい。

 

 

 

 

9/21   シンディレナードウェブセミナーを開催します。

「神の使者」の著者のパートナーであり、アセテッドマスターの
 アーテンの過去性にあたるのが彼女になります。

この記事を読んで当ブログが面白いと思ったら、ぜひRSSリーダーやはてブなどに登録していただいて、また遊びにきてくださいね!


カテゴリー: 未分類   パーマリンク