最新記事


test

test

カテゴリー: ブログ |

test

test

カテゴリー: ブログ |

どこでもいいから内定2

前回の続き

どこでもいいから内定が欲しいと思う様になると

内定はどこからもでなくなる。

要は結果を握った瞬間 あなたの手から結果がこぼれおちていく。

求職者がどうしても行きたいと思っていた企業の最終面接

私は絶対その人に内定がでると確信していた。

コミュニケーション能力も高く、頭の回転も速い、性格も柔軟性がある。

企業研究もバッチリしていた。

けど 結果はNGだった。

人がどうしても結果をだそうとすると

守りに入る事がある。

相手の求めている回答がなにで

何を言えば 無難か? あーーーだ  こーーーだ

と思うとつまらない面接になる。

セミナーも同じだと思うが、話すことが決まっているセミナーはつまらない。

それより その人がその瞬間に感じている事を話す方が何十倍もたのしい。

今 この瞬間を時間を共にしているのだから!

とはいうものの  先日100名規模のセミナーを主催したが

話す事をある程度決めるのは勿論だが

その場の空気、その時自分が感じている事

たのしもうという心構えがなく

つまらない司会になった。

うまくやろう、うまくやろう

思えば思う程 ドツボにはまる。

真実の法則と 今まで教えられた法則のギャップを強く感じる。

今は結果から手を離して 宇宙の法則に身を委ねる時だと思う。

カテゴリー: ブログ |

何から逃げて退職する。

何かから逃げて退職した場合。

おもしろいもので、その原因が嫌で退職したのに

それと同じ状況の会社をまた選ぶ。

これは摩訶不思議!としか言いようがない。

頭で理解できるレベルではない。

キャリアカウンセラーをしていて

『 なんでそこを選ぶの? 』

突っ込みたくなるし、突っ込んだりした事もある。

人は学ぶべき事が必ずあり、それ自体を克服

もしくは統合がしてないと 同じ現実を創る。

ただ それだけなんだと思う。

例えば 求職者に突っ込みを入れる

自分ですら 人生で同じ体験を何度も繰り返した。

元々 超体育系営業の出身の自分は

退職した時には 絶対次は体育会系じゃなく緩やかの

会社を探して就職するぞ~

と思いながら なんだかんだで

超体育会系に就職する。

けど 自分の生き方、在り方、考え方を変えた時

その選択はしなくなる。

女性で「私は男運ないのよ~」と言ったりするが

彼女の行動、振る舞いが ダメな男を引寄せているに

他ならない。

更に 言葉は言霊だから 「私は男運ないのよ~」

こんな事を言ったら自分の観念を強くしているに過ぎない。

自分が望む物、自分が望む体験を思考、イメージ、体感することの

方が大切だ。

今 感じている体感が次の現実を創っているのだから。

 

続き はまた 次回!

カテゴリー: ブログ |

スピリチュアルな生き方

既卒 就活

沖縄恩納村市場にて

スピリチュアルに生きるのは

知識ではない

スピリチュアルを色々知っていても

生き方にしてない人もいる。

けど スピリチュアルを全く知らなくても

スピリチュアルな生き方をしている人もいる。

明るく生きる事がどれほど人類にとって貢献か

わからない。

本当の自分に戻る帰還は

やっぱりたのしく軽やかに

戻るのが一番だ!

既卒からの転職サポート

カテゴリー: ブログ |

ハローワーク採用側の気持ち (既卒 就職)

ハローワークで就職活動するメリットは

求人が豊富にあること。

ただ 100も200もヒットすると

どれが自分の求めている求人かそうでないか

見分けるのは至難だ。

かつ ハローワークの求人の場合

採用費用がかからないので

安定してない企業が多いのも事実だ。

本当に優秀な人材を求める場合

人材紹介会社を使う。

50万円~100万円単位のお金が動くが

それでも欲しい人材を探す。

かつ ハローワークに求人票をだすと

企業が求めていない人からのエントリーが100も200もあるので

あなたがストライクな人材でも

その時は人事が嫌になって まともに見てない可能性もある。

特に既卒の場合 職歴がないのでまともにアピールできず

烏合の衆にまぎれこむ可能性は高い。

多分 人事が判断できるのは 大学名と写真ぐらいだろう。

カテゴリー: ブログ |

就職活動2ヶ月短縮の影響

ディスコ
さんの調査によると

就職先を決めた学生に、【決め手】となった理由を選んでもらったところ、前年1~3位
だった項目(「仕事内容が魅力的」「社会貢献度が高い」「職場の雰囲気が良い」)が揃って割合を下げました。代わりに割合を上げたのは「将来性がある」
「有名企業である」「大手企業である」といった、比較しやすい項目でした。仕事内容や職場の雰囲気など、社員と直接触れ合いある程度時間をかけなければ得
られない情報が割合を落とした背景には、活動が2カ月短縮したことで企業研究に十分な時間を取れなかったことがありそうです。

この結果を聞いて 単純に時間が短いので

しっかりとした判断が求職者がしづらい環境に

なったのがよくわかる。

学生も焦りがあるのだろう。

ただ どのような状況でも

最前の決断をだすのが大切で

ビジネスでもプロジェクト期間が短縮されたから

結果が変わるは 通用しない。

自分が何を大切にしたいか?

それを事前準備した人は

納得できる結果になったと思う。

心のどこかで

有名企業だから まあ いいか!

と思うと 入社してから後悔が大きい

例えば JRは超大手企業だと思う。

慶応、早稲田など有名大学を卒業した人が

入社する事も多いが

当初は切符切りなどの アルバイトでも出来そうな

ぐらいの仕事内容からスタートする。

サービスを心から楽しめる人なら

いいだろうが、偏差値の大学を卒業した人の傾向として

地頭、論理的に考えて仕事に取り組むには

物足りなさを感じるかもしれない。

これはJRにとっても不幸だ。

社員が不満をもって仕事をしていれば

気持ちの良いサービスは絶対に具現化できない

つまり 将来的に売り上げ減少の原因になる。

かつ 良い上位校の大学を卒業した人は

フットワークが重い傾向があり

不満な仕事だけど せっかく入社した会社だから

続ける 有名企業だし・・・・

不満をもったまま 仕事を続ける事は

本人、会社、社会にとって

どんなメリットがあるのか?

人は結果、成果を握れば握る程魅力はなくなる。

だから 人が大きく変化する時

属にいう悲惨という悲劇を自分に起こして

変わらざる得ない状況を自分に作る。

既卒、第二新卒は入社して短い為

必死だ。崖っぷちと感じている人程

非常にパフォーマンスの高さを感じる。

既卒 就職
 をしている人の最大の魅力は人生に対して真剣な所だ。

カテゴリー: ブログ |

就職につながる学歴

「県立高全日制1・19倍今回から導入、特色選抜3・43倍」

 県教委は18日、来春の県立高校入学希望状況調査(9月15日現在)の結果を発表した。全日制は、6120人の募集人員に対し、希望者数は7311人で、平均倍率は前年同期より0・01ポイント低い1・19倍。全校で今回から導入される特色選抜試験は、1468人の募集人員に5033人が受験を希望し、倍率は3・43倍となった。

中学校と特別支援学校中学部を合わせた来年3月の卒業見込み数は、前年同期比82人減の8614人。今回の調査の希望者数は、来春の卒業見込み者の第一希望に、過去3年の既卒・県外希望者の平均人数を足した数とした。一方で、鳥栖、致遠館、唐津東、武雄の4校は、併設中学校からの進学者分を募集人員や希望者数から除いた。

 全日制の全体で、倍率の最高は、普通科が佐賀北の2・18倍で、専門・総合学科は牛津の食品調理科調理師コースと佐賀農の農業科学科の2・35倍。

 特色選抜試験は、今春までの前期試験、推薦入学、運動部推進指定校推薦を変更して導入。定員の10~20%を充てるA方式と、スポーツ・芸術を推進する指定校でのB方式で実施する。特色選抜の普通科で最も倍率が高かったのは、唐津東の8・25倍。次いで佐賀西の6・16倍、佐賀北の6・11倍の順だった。

 定時制は、6校の7学科で計280人を募集。60人が希望し、倍率は前年より0・03ポイント低い0・21倍だった。

 調査は11月中旬にも行い、12月中旬に結果を公表する。出願期間は特色選抜試験が来年2月1、2の両日。後期試験から改称される一般選抜試験が同21、22の両日。

2011年10月19日 読売新聞)

【引用元】http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/saga/news/20111018-OYT8T01162.htm

私が書いてるブログのほとんどが大学卒業者向けのものですが、何も就職難はそういった一部学歴層だけの問題ではありません。中学校既卒者が高校へ行こうと思うのは、仕事が中々見つからないという背景の現われだと思います。いま、世界的に雇用問題が本格化していますが、この先どうなっていくのでしょうか。日本でもウォール街の様にデモ行進が来る日が来るかもしれないと思うと、いろいろと考えさせられます。

既卒者の
就職活動

カテゴリー: ブログ |

バイリンガルで既卒就職

中国語と就職に対しての記事です。

中国に興味を持っている方から就職/転職、中国進出を目指す方に最適!人材育成の織田学園が「織田学園中国語スクール」を中野にプレオープン (@Press)」

学校法人 織田学園(本部:東京都中野区中、理事長:織田 貴子、URL: http://oda.ac.jp/
)は、2011年10月に「織田学園中国語スクール」をプレオープンする運びとなりましたのでここにご案内申し上げます。なお、本格オープンは2012年4月を予定しております。

「織田学園中国語スクール」URL: http://ch-oda.jp/

【「織田学園中国語スクール」について】

 織田学園では今日まで64年の歴史を重ね、時代時代のニーズをカリキュラムに反映させた独自の専門教育を行い、多くの人材を輩出してまいりました。その実績に基づき、現在中国経済の急成長に伴い、ますます高まる中国語人材ニーズに、短期間で即、中国語を習得できる学習環境をご用意いたしました。

 北京外国語大学 汪 玉林教授の監修、指導のもと独自のカリキュラムにより、入門コースからプロフェッショナルコースまでの8コースをグループレッスンまたはプライベートレッスン方法により、即戦力となる人材育成を目的とした講座です。

 「織田学園中国語スクール」では、はじめての方でもレッスン初回からいくつかのフレーズを話せるようになる独特な教授法を行なってまいります。

 出張、赴任などで中国語の必要に迫られている方、中国に進出を予定されている企業様、接客のために中国語を必要とされている企業様には「織田学園中国語スクール」の体験入学にご参加いただくことをお勧めいたします。また、講師派遣も承っております。

【「織田学園中国語スクール」特長】

1. 開講60有余年にわたる人材育成の実績

 開校以来様々な分野で活躍する人達を世に送り出し、今や第一線の現場で卒業生達が多数活躍しております。中国語をしっかりマスターしたい方から、ビジネスや旅行、就職等のあらゆる目的や場面において学ばれる方々1人1人の将来の活躍につながるスキル習得できる独自の教授法による学習環境をご提供いたします。

2. 北京外国語大学教授の監修による独自教授法

 北京外国語大学の汪教授を監修に迎え、他にはない独自の教授法によるカリキュラムにより、プロフェッショナル人材育成を目的とした即戦力となる講座を開設しております。

3. 好立地による通いやすさ

 新しい言語の習得には「継続」が欠かせません。スクールは、JR中野駅から徒歩1分に位置しており、仕事の後や学校帰り、ご友人との集いの後でも通いやすい立地にあります。

4. レベルに合わせたコース選択が可能

 ビジネスや赴任、観光まで様々な目的やご用途、レベルに合わせたコースを選べます。ビジネス・趣味・旅行・留学・就職等あらゆるニーズに沿った「すぐに使える中国語」を習得できます。

【引用元】http://news.www.infoseek.co.jp/search/story/atpress_22830/%25BD%25A2%25BF%25A6/

確かに中国語はこれからも需要がありそうです。既卒者も自分のスキルを上げることで就職の道が開けるかもしれません。

既卒から就職

カテゴリー: ブログ |

既卒正規雇用奨励

「被災者雇用で補助上乗せ」

 蒲郡市は、東日本大震災の被災者を雇用する市内の中小企業経営者に対し、国の3事業に上乗せし、次のように助成している。

 国の被災者雇用開発助成金制度に上乗せするのは、「市特定求職者雇用開発助成金」で国支給額の半分。

 3年以内既卒者トライアル雇用奨励金には「市トライアル雇用促進奨励補助金」で、既卒者正規雇用者奨励金の支給決定書1通当たり20万円。

 3年以内既卒者(新卒扱い)採用拡大奨励金には「市採用拡大奨励補助金」で、支給決定書1通当たり20万円。

 問い合わせは市産業振興課=電話0533(66)1119=へ。 (佐藤芳久)

【引用元】http://www.tonichi.net/news.php?mode=view&id=37588&categoryid=1

まぁ、記事というよりは政府の発表を紹介したという感じですが、まぁ被災者雇用は政府にとって最重要課題ですし、既卒者雇用を増やすことにもつながる話なので紹介させていただきました。政府や民間のあらゆる補助を有効に使えば既卒の採用もいい流れに乗せることが出来るのではないかと思います。

既卒者の就職支援

カテゴリー: ブログ |