どこでもいいから内定2

前回の続き

どこでもいいから内定が欲しいと思う様になると

内定はどこからもでなくなる。

要は結果を握った瞬間 あなたの手から結果がこぼれおちていく。

求職者がどうしても行きたいと思っていた企業の最終面接

私は絶対その人に内定がでると確信していた。

コミュニケーション能力も高く、頭の回転も速い、性格も柔軟性がある。

企業研究もバッチリしていた。

けど 結果はNGだった。

人がどうしても結果をだそうとすると

守りに入る事がある。

相手の求めている回答がなにで

何を言えば 無難か? あーーーだ  こーーーだ

と思うとつまらない面接になる。

セミナーも同じだと思うが、話すことが決まっているセミナーはつまらない。

それより その人がその瞬間に感じている事を話す方が何十倍もたのしい。

今 この瞬間を時間を共にしているのだから!

とはいうものの  先日100名規模のセミナーを主催したが

話す事をある程度決めるのは勿論だが

その場の空気、その時自分が感じている事

たのしもうという心構えがなく

つまらない司会になった。

うまくやろう、うまくやろう

思えば思う程 ドツボにはまる。

真実の法則と 今まで教えられた法則のギャップを強く感じる。

今は結果から手を離して 宇宙の法則に身を委ねる時だと思う。

この記事を読んで当ブログが面白いと思ったら、ぜひRSSリーダーやはてブなどに登録していただいて、また遊びにきてくださいね!


カテゴリー: ブログ   パーマリンク