〜赦しの実践日記〜

 

 

 

7年くらい前に、ロスに向かう飛行機の中で放送されていた「ソースコード」という映画を見た。

自分の体験していることとリンクして、非常に面白く感じ、周りの友人にお勧めしたほど印象に残った映画だった。

しばらくして、日本で「ミッション・8・ミニッツ」というタイトルで上映されたのだが

一時期は、DVDを購入して見ていた映画だった。

 

 

主人公の俳優さんのコメント合わせてみると面白いかもしれない。

監督のインタビューもユーチューブ動画に出ていて、彼は恋愛ものとして語っていたのだが

友人と、冗談で、そのインタビュー動画に向かって「いやいや、あなたの発信しているものはそれ以上なんだけど」って

いいながら見たものだった。

 

夢とはどうしても言い難い、体験しているとしか言いようのない体験

私が車を運転していて、ハンドルを切れきれず崖から落ちてしまって「死んだ」その瞬間に

今の自分の人生だと思っている現実になった時、明らかに、ワンページの寄せ集めを連続した直線だと勘違いして、

まるで、生まれて死ぬまでのプロセスは、ずっとリアルに絶え間なく起きているように思っていた思い込みが崩壊した瞬間だった。

「死」は隣りのお部屋にいくよりももっとナチュラルに移行していくことをこの体験から深く学んだ。

実は人生を直線的に生きているように見えて、そうゆうことでもないというのも腑に落ちていった。

 

 

他の夢を見ている時は、こちらで経験していることは、どんなに大事にしていると自分で思っていることでも

完全に忘れている。だから結局夢なのだ。(夢だからどうでもいいとか粗末にしていいとか適当に生きていいという意味ではない。)

逆に他の体験をして

この「生」に目覚める瞬間、他のシーンもいくつも見えて

あの人、何度も何度も見たことある。あの人生では気づかなかったけど

あの時のあの人で、非常に親しく好意を抱いて接してくれている人だったんだと

夢から覚めると同時に、この夢のストーリーがスタートし始めるときに思い出すこともあり、何とも懐かしい気分になって

もっともっと深いところを知りたいと思った。

 

 

心の病は心の中で見ていくといい。

 

 

神の法則に反して生きれば自分が破れていくのみで

神の法則に則して生きれば、元々与えらている自由の中に帰還していける。

差異を実在のものとして扱い、優位性に価値をおいている現実とは、

共振させているものが、自分を大きく見せるものを共振させて響き合う。

 

元々創造されたままの神の心の中の自由を垣間見た時

私は、事柄のレベルでは、想像もつかないし、手にすることも感じることもできない自由があると気づいた。

この自由さは、この世の惨事や悲惨な拷問や辱めの行為を持ってしても

犯すことが不可能なものであり、ここに本当の自由が存在しているのだと

やっと知ることができた。

 

原則を生きることの恩恵はすごい。

 

競争相手もいなく、自分が精神修練していけばいいこの学びの道は安住の地に向かって

一歩一歩歩んでいる確かな足取りを自分で感じることもでき、満足度も非常に高い。

 

発電所を見つけない限り、翻弄される。

自分の天候を外的状況の中に見ている時、人は被害視点からの感じ方を表現しそれを他者に教える。

その生き方に共鳴していくしてということはどうゆうことかというと、

機嫌悪くしている人を見て、機嫌と取ったり、一緒に機嫌が悪くなっていくということ。

 

状況の中に、自分の気分の原因を見ている限り

不快な人をみれば自分も不快になるループから自分を解放することはまずない。

 

 

 

自分自身が無知で見えないからこそ、盲信でき、

見えないからこそ、言ってる言葉を何の疑いも持たず盲目的に信じて実践できることがある。

 

これは、子どもが簡単な手品を見ても、騙されて「わ〜〜」と感動して喜べるが

大人になって知恵がついてから、その手品を見ても仕掛けがわかってしまって

全く喜びも感動も起きないのと似ているかもしれない。

 

「苦しみの原因が実は外的状況の中にあるのではないという事実」を

スキルに歪曲して変換してしまったものは

そのまま間に受けて実践しても、結果として、「原則」「スキル」にしてしまっている状態なので、ほしい結果は得られない。

しかし、このような結果から多くの教訓を得た。

この種の悲劇は、自分自身の無知ゆえに経験していく悲劇である。

自分が学んで覚えれば次のステップへいける。

原則は原則であり、スキルに変換していけるものではない。

 

 

「苦しみの原因が実は外的状況の中にあるのではないという事実」自体の情報が既に

分離強化のためのものとして構築し直されて歪曲されてしまっている状態で

自分の日常で実践しても

「ドクターストレンジャー」のラストのこのシーンのように

何度でも繰り返す。これは面白いほど!!

「恋はデジャーブー」や「ミッション・8・ミニッツ」でも、

同じシンーンが何度も繰り返されるシーンがあるので

これらの映画をみると、わかりやすくておすすめだ。

 

 

 

現実も悲劇が起きている現実から色々あるが、真の現実は、この世に全く属していない。

ここに帰るための生き方も簡単に見つけられそうで、見つけ出すのは容易な感じでもない。

自由への扉は事柄の中に原因を見ている次元には存在していない。

内側にその扉があり、そもそも探す場所を間違えていれば

そもそも見つからない宝探しのようだ。

 

 

声なき声に自分が耳を傾けさえすれば、聞こえてくる

解放の道とは確実である。

 

 

創造されたままの自己は完全に自由で、赦していけばいくほど、私はこの自由を益々経験できるのかと思うと嬉しくてたまらない。

この自由さは無限であり、肉体のレベルでは体験することができない。

何度も垣間見てきた、この自由。

触れては消え、触れては忘れ、何度も何度も「赦し」をしては、気がつくと自由の中にいて

また気づくと消えている。


状況や条件付けの

自分の行動は、状況から生まれるように見える感情の結果でもなく

どちらかの教師を自分が選んだ、選択の結果であることを自分で知るようになる。

分離を信じる方に選べば、悲惨を経験していく。

神を選べばこの上なく自由である。

 

この世界に自由は存在していない。

心の中にのみ真の自由があり、私はこの無限の自由を益々取り戻したい。

赦しは本当にいい。目が開いていく。

創造されたままとは何て豊かなのだろうか。

ぶつかることのない、有り余るほどのこの豊かさと自由さ、私はこの自由を探していたのだ。

 

 

最後まで通読ありがとうございました。何か響き合うものがあったら嬉しいです。

 

 

 

        

                                                                  トップページへ戻る

                                                                 日記トップページに戻る


 

           ACIMを深く学ぶウェブサイトのフッターライン      
                 真実に生きる!実相世界で生きる「奇跡のコースの学びが深まる」 はKKCが運営しています。
                    Copyrights(C)2012 DAINISHINSOTU CO.LTD All rightsreserved