〜赦しの実践日記〜

 

 

 

 

お気に入りのカフェ。美味しい!!今日も心から感謝。

 

悪魔の法則、分離の想念の強化の思考体系に従うということは

一体どうゆうことでしょうか?

例えば、次のような例を見ればわかりやすいかもしれない。

ある人が、いつも誰かに命令を下し、その対象者がその命令に従うことで、 自分の欠乏感の欲求を満たしていたする。

(このやり方でしか自分の欠乏感を満たす方法を習わず他の方法を知らない状態、その親もそのようにしか教わってない。)

しかし、一方的に命令されるほうは、自由の欲求や力の欲求を妨げられていると感じていて、 人間関係が悪化していたとする。

命令を下した当人は、力の欲求を満たすことができる一方、 命令を受けた側は、

欲求充足できず、心に欲求不満を抱くことになる。

命令を下す側が権力を行使できるうちはよいが、 ひとたび力を失うや、命令を受けていた側は間違いなく、

その人の下を去っていく。(または仕返しする。)

ということは、このような生き方は効果的な選択ではないということは一目瞭然である。

 

だから分離強化のメカニズムに従うのはやめたほうがいい。と言うくらいシンプルな話。

 

分離強化の仕組みがどんな風になっているのか勉強することは、それを退けることができるようになるので

結果的に幸せになっていく。

 

 

上品な方(外見上)が雑多な人を心の中で汚がって避ける姿は内容が結局「裁き」である。

本当に「教養のある人」は「教養のない人」に教えてあげることができるが(助けることが本当の意味でできる)

しかし、形上の教養がない人が形上の教養のない人を見下げている自分に気づけていないと

ただただ痛みを経験するだけである。

 

だからこそ、私たちは、一人一人内面において

自分の愛以外の想念に否定的にならず、他人行儀にならず

しっかり判断なく見れるようになることや

いかに愛以外の想念は、いかに価値がないか!!ということを自覚できて手放せる場所までいけるように

自分の心を修練していくことには価値があり意味があるわけである。

 

 

他者を悪く思うこと、悪口をいうことは

自分で一生懸命努力しないとやめていくことができない中毒である。

でも見事やめていくことの方に努力ができれば「幸せ」は完璧に約束されている。

 

最後まで読んでくれてありがとう。

 

 

 

        

                                                                  トップページへ戻る

                                                                 日記トップページに戻る


 

           ACIMを深く学ぶウェブサイトのフッターライン      
                 真実に生きる!実相世界で生きる「奇跡のコースの学びが深まる」 はKKCが運営しています。
                    Copyrights(C)2012 DAINISHINSOTU CO.LTD All rightsreserved