?イベント日記?

 

 

 

 

 

 

おかげ横丁の到着

綺麗な虹が!!

祝福!!

 

 

「伊勢神宮」の「内宮」前の「宇治橋」前に到着

 

参拝して来ました。相変わらず気持ちよかった??。

 

 

「内宮」に向かう「宇治橋」からも「虹」が綺麗に見えてウキウキした気持ちになりました。

私は、自分の心が陰鬱になって暗くなってくると

自分で明るくすることで、明るくなることを知ってからは意図的にするようになったのですが、

軽くなっておすすめですよ。

何かを持っていないと幸せではない(幸せであってはならない。)と信じていた時は

そんなことは自分に許可しませんでしたが・・・。(爆)

解放されるっていいですね。(どんなレベルでも)

 

経済的に成功していくこともとっても豊かなことだと思いますし、自分にその豊かさを拒む気持ちは微塵もありませんが(爆)

プラスαー自由さ!!シンプルに生きる!!のびのび生きる!!ってのが好き!!

物理的なレベルで経済的成功を収めている人でも、奥さんの他に

愛人という形で、女性を数人保有していることが豊かさだと感じている方もいれば

戦国武将の時代のような、敷居、格式、格差が好み、

今の時代にこんな生き方好んでいる方っているんですね・・・みたいな・・・

まるで博物館の恐竜を見ているような・・・そんな生き方を見かけますが

誰かとの対比でもなく、量に依存した幸せや自由度でもなく他者を従わせられる中に感じる権威性でもなく

誰のことも犯さない自由がいいな?って思います。(生活を無視するという話ではなく)

 

こうゆうことを意識的にすることとは別に

コースの説く「赦し」は本当に心を訓練していくことをサポートしてくれるので、

気づけば、こんなに幸せになっていくんだな?って実感します。

 

今回の3ヶ月コースは「伊勢神宮」スタートだったのですが

いつの間にか、本当に神社にいく機会が多くなり、気づけば家の中に神棚をもうけていたのですが

その時、はたと、自分で気づいたことは、自分は「神」が不在だったことに気づきました。

なんてシンボリックな変容だろうと自分で思いました。

本当に、心の中に完全に神が不在だったのです。唖然でした。

神が不在の状態の心は、そりゃ??肉体を神との分離を強化していくことにしか使わないのは必然の帰結だなと。

 


以前もこちらのサイトで書いたかもしれない内容なのですが

コースの「赦し」に出会い実践するようになって

ある時、自分の中に「常に輝く光明」があることが認識できるようになったとき、

自分は「無明」だったんだと、はっきり自覚し気づいたことがありました。

この経験は、すごくいい経験でした。光を見つけた瞬間「無明」に気づけた感じです。

「無明」の状態とは、まさに「暗闇」です。完全に忘却している状態です。

(光は常に心の中にずっと輝いているのですが、本人は忘れているので気づいていない状態というのがぴったりの表現です。)

この経験で無明がどうゆう状態をいうのか体験から知った時、光がない状態というのは、こうゆうことをいうのか・・・。

まさに、光がないわけですから、闇なわけです。

正気さを取り戻せていく、その度合いに応じて

「赦し」と「攻撃」の選択の「違い」がよりわかるようになって「攻撃」すると「罪悪感」の経験が深まる実態を

わかっていくので、選ばなくなっていく方にに益々努力できるようになっていくわけですが

(攻撃を選ぶと罪悪感が深まりますから)

光を完全に忘却している状態だと

自分がどれだけ優位か、正しいのかの主張や攻撃しかないわけです。

という状態になってしまうしかないことにも気づいていきました。

 

そもそも神との分離が起こったと信じることにした段階で、とてつもない虚無状態に陥りますから

他者を愛するのも、そもそもの前提が、得られる何かのために愛しているということの愛でしかなくなっていくわけです。

(自分を正直に見ていけば誰しもがその事実に気づくだろうと思います。)

愛は外には存在していず、真の栄養というのは、心の中に「のみ」あるのだと、

はっきり気づいてからは、そうゆうことかと思いました。

 

それから「奇跡講座」の凄いところは、結果を原因に戻すことができるようになる点です。

これの恩恵は、穏当に凄いな?と思います。

原因と結果の間のギャップを縮めることができるようになれるので、これは経験していくと「あっぱれ」なのです。

自分の決断と不快な体験という結果の間に世界があるのですが、

コースの赦しの恩恵は

原因と結果の間にできている大きな溝を無くしていくことができるので

自分の決断と体験が直接的だということが自覚できるようになり、何かによって痛みや不快感が生じているというイリュージョンがなくなっていくのです。

自分の体験は決断から起きているとわかるようになっていくのです。

どうゆうことかというと、自分が神との分離を信じる決断から苦しみが生じているのが自覚できるようになるので、

「こういう選択をすれば、こうゆう苦しい結果が自分に訪れるのだな」ということが自分でわかるようになるので

(これは外的状況ということではありません。心の中という事です。)

そうゆう選択をしないようになっていけるのです。

この世レベルで起こっていることによって、苦しみが起きているんじゃないということが理屈抜きに自覚できるようになります。

単なる「内的状況」「外的映像」だと腑に落ちていくのです。

(内的状況とは、神と分離して自分で苦しみを生み出しているのに神のせいにしている状態そのものです。

ですので、現実は自分が作っているというようなあくまで世界があるという前提のニューエイジ系の捉え方と

全く異なる点には留意してください。この違い本当に雲泥の差なのです。)

結果の中に原因をみなくなっていくので、

このカラクリがわかっていくことを可能にしているコースのおかげで、

本当、ラッキーだな?って。つくづく思います。

 

これだけの低コストなのにも関わらず、これだけ包括していて充実した実践書「奇跡講座」

かなり低コストな上に、実践したら、確実に幸せになっていくこと。

ここまで体験していけるようになっている実用書は素晴らしいと思います。

しかし、それにも関わらず、実に人気がない。

分離を信じている心の抵抗を超えていくプロセスなので(向かい風プロセスだから確かにきついですしね。

更に、その「奇跡講座」をワプニック解説を水先案内人で学ぶということになると

一段とマイナーになって、何故かニーズがなく、そのまま学びたい派などは、ごくごく限られた少数。

でも、やればやるほど、人気がないのは、逆にうなずけるようになっていった話ではあるのですが・・・。

(でも、やっぱり、めちゃくちゃ幸せになっていくので素晴らしいな?って個人的には思うのですけどね??。)

でも、現世利益のスピリチュアル実践では、うまくいかない人や物足りない人、

自分の望むものを体現していくことで幸せになっていくとか、そうゆう中に自由や豊かさを追求していくスピリチュアル実践で

癒されない何かを感じ、

心のレベルで癒したい人にとっては、「奇跡講座」は逆に非常にいい「助け」だし、飽きない「学び」ではないかと思います。

 

しかもワプニック解説から奇跡講座を学ぶと本当にいいですよ。しっかり学べるのでおすすめです。

 

「伊勢神宮」に来たら、恒例の「伊勢うどん」

 

 

美味しかった??。

お腹も満腹になって帰路につきました。

 

さてさて10月13日

当日

楽しい時間を過ごすことができました。

遠方から足を運んでくれて本当にありがとうございました。

 

 

 

 

 

最後まで読んでくれてありがとう。

 

 

 

        

                                                                  トップページへ戻る

                                                                 日記トップページに戻る


 

           ACIMを深く学ぶウェブサイトのフッターライン      
                 真実に生きる!実相世界で生きる「奇跡のコースの学びが深まる」 はKKCが運営しています。
                    Copyrights(C)2012 DAINISHINSOTU CO.LTD All rightsreserved