ACIM・奇跡講座を共に学ぶ3ヶ月コース




  

私たちが「奇跡講座」(A Course In Miracles)を選んだ理由そしてセッションの目的・・・


私たちが「奇跡講座」と出会って「これはとても実用的だ」と実感して深入りしていった理由の一つに、この「奇跡講座」という「神話」を使って自分の日常で実践していった時に明らかに心が癒されていく体験が具体的に起きていったことがきっかけでした。(状況が変化していくということを遥かに超える体験で、状況が自分の好みに変わることで体験していく喜びが陳腐に思えてしまえるほどの体験が起き始めたことが大きな要因でした。)しかも、この「神話」は、私たちにとっては、読み込んで理解すればするほど非常にシンプルで「導き方」が非常に面白いと感じましたし明瞭で具体的なアドバイスに満ちている「助け」というだけでなく「対極」を経験しない方向へ向かう導きに感じられる書籍でした。

しかし、世の中には、色々な角度からの「助け」や「方法」があります。大切なのは、今の自分はどうゆう「助け」を必要としているのかということ。一つ試してみて自分に効果がなければ他に惹かれる方法に挑戦してみることがおすすめという点。(何故これを書いたかというと、どの教えもそうですが、この「奇跡講座」という「助け」も例外ではなく、確かに自分の中にある罪悪感を真に癒すという意味においては(自分自身の被害者でもなく相手の被害者でもないことを学び)通常癒すためにかかったであろう時間を崩壊させ、かなりの時間短縮だと思いますが、向き不向きもありますし、自分の激しい抵抗を超えていくプロセスということもありますし、万人に効く特効薬や万能薬ではないということを言いたくて書いています。)


そして、自分の心の苦しみに対する答えや救済を求めて、視界に入ってきたものはどの「助け」も役に立つと思います。しかし、どれほど素晴らしい助けや教えのように見えてもすべての人に効果がある方法などはないという点。 どれが自分に適しているかは自分でなければわかりません。この点を自分で知っておくと、他者の意見に振り回されたりする混乱を避けられますし、冷静に判断ができます。それを大前提の上で私たちのセッションでは自分の日常というものを自分の心を癒すための教室として生きていく「生き方」に移行していきたい方や「裁き」から「赦し」に移行中の方のサポートを提供させていただいています。

私たちの癒しの学びの延長線上で出会った「奇跡講座」。実際に理論を正確に理解していくことに勤勉になることは実践していくにあたり重要ですが、自分の日常でこの神話を使って実践していくと、本当に解放されていく体験が起きていきますでの、その恩恵は図りしれません。しかし、この「奇跡講座」に対して、とにかく自我としての私たちの抵抗があまりにも激しくて希釈理解蔓延してしまっているというのも否めない一側面の事実です。(特に時期尚早に「奇跡講座」に近づくと余りの抵抗にドロップアウトしてしまいがちですし、多くの場合私たちが自分で「自分は理解できている」と思っているよりも遥かに深遠で壮大なスケールな「奇跡講座」となりますので、
私どもが行っている分かち合いは、例えるならば、大学で高等数学を教える程の専門知識はない大学生だが家庭教師のアルバイトとして小学生の算数の宿題を助けてあげることはできる、というレベルで自分の日常を自分の心を癒すための教室として「裁き」から「赦し」への移行(鞍替え)のサポートです。中々自分では気づきたくても気づいて手放していきにくい抵抗を少しでも自分で気づいて超えていける(自分の自我の抵抗というものはどうゆうものかを自覚して超えていけるよう)ように実践の分かち合いをしています。



「実践」は色々な段階を進んでいきます。

実践の段階 その1
ただ単に一応「赦し」が「できる」という段階
時間をかければ「赦し」が「できる」という段階
そして、いつどんな時も、どんな種類のケースでも的確にプロセスを踏んで「できる」という「赦し」の段階

実践の段階 その2
外界を自分の望むようにしていくために投影を戻して赦しをしていく分離を実在のものにみなしている赦しの段階

葛藤(有罪性の体験と無罪性の体験の間を揺れ動く)が強烈に起こる赦しの段階
☆頭では外的状況をよくしていくことではないとわかっていても状況をよくして癒されて行こうとする赦しのパターン
☆状況をよくしていくことじゃないからと辛いことを黙って耐え忍び孤軍奮闘していく我慢の美徳の赦しのパターン
☆心を変えると世界が変わるという希釈の赦しのパターン

行動レベルでの導きで得られる癒しの中には真の癒しがないということに気づいていく赦しの段階
苦しみの原因は外にはなく自分の心の中にあるということに気づいていく赦しの段階
他者を赦すことは実は自分が癒されていることに気づく赦しの段階
時間と空間の外側で為された心の決断に気づいていく赦しの段階

ざっくり書いただけでも、おわかりいただけるように体験していくプロセスがあります。
コースは挫折する人がいるというお話を聞くこともありますが、こうゆうプロセスがあるのだとわかってくると
赦しても体験が起きていないように感じる時期や赦しても苦しくなっているように感じる幻想などに罪悪感や小ささを感じずに、もっと自分のペースで着実に歩んでいけるのではないかと思いますし、何よりも罪悪感から解放される「癒し」の道はもっと実は楽しいものだと思っていただけるのではないかと思います。

最初「赦し」を始めたばかりの段階は、しんどいと感じると思ってください。これはしょうがありません。でも練習していけばいくほど楽になっていきます。これは確実に楽になります。安心してください。(^ ^)ですので、落胆する必要もないですし正確にできるようになるまで練習するだけです。「赦し」の教育を受けていない私たちの今までの先生は「罪悪感」です。この先生は自他の「過ち」は裁くことだよ。と説きます。自分の「苦しみ」や「痛み」は状況や他者の言動からきているから「裁く」ことだよ。と説きます。その先生を教師を選任して生きてきているわけですから、私たちは「裁き」のプロフェッショナルということになります。このように裁きの達人の私たちが踵を返えし「身も世もない」自分が触れたくない「痛み」と遭遇した時、今までのように状況や他者の言動行動の中に原因を見て肉体や言葉を処罰の手段として叩き切るのをやめて投影を戻し「赦す」ことをしていくことは、当然ですが最初は大変に感じるものなのです。しかし、右手で箸を持って食べていた人が左手で箸を持つようになったその日から上手に箸が使えないのと同じです。単にコツコツと練習していけばいいのです。

そして抵抗のプロセスにも段階があります。

自分が正しいのに間違えている相手を赦して自分が負けたように感じる赦しの段階。
赦し始めたら、周りの人が低い人間に見えて教えてあげたくなる衝動が起こる、裁きたくなる赦しの段階。
人のプロセスが気になる赦しの段階。
自分にだけ取り組んでいけばいいのだとわかっていく赦しの段階。


たまに「赦し」ができません。というお話を耳にしますが「赦し」を始めたばかりの頃は当然です。「赦し」ができていないうことではありません。重要なのは日々コツコツ自分の日常を赦す為に機会にしていく「意欲」です。日常を「赦す」ことに時間を費やせばどんどん「裁きたい気持ち」は激減していきます。シンプルに繰り返し繰り返し練習です。「赦す」という生き方を自分のものにしていくには繰り返し繰り返し練習していく方法でしか習得していく以外ありません。どんなに心が平安の境地に達したように見えるている人でも、莫大時間実習に費やしています。(しかし、心の平安の境地に自分が達していると思い込んでいるケースもこの道にはあります。仏教などでは魔境と言って注意勧告されている部分です。目覚めのプロセスで私たちが簡単に陥ってしまう自我としての自分の抵抗の一つです。現実をしっかり地に足つけて普通に生きていくことは大切です。)

 

 


 

「奇跡講座」(ア・コース・イン・ミラクルズ)は何故こんなにも難解に感じる人が多いのか?


・惹かれて学び出しても、全体像が何年経っても掴めず難しく感じ理解出来なくて脱落・誤解していく人が多い!
・テキストを読んでいるのに、全く理解出来ない・頭に入らない!
・毎回、強烈な眠気に襲われる!
・自分の好きな様にコースを解釈していることにまったく気づけない!

実は、これは「コース」に出会い学習されている多くの方が体験していることです。しかも、それに気付けないおまけ付き。そのぐらい私達は、自我と一体化しています。最初は、微塵も自覚ができないのですが・・・苦痛の原因となっている原因を取り消せるのは心のレベル。その心のレベルでの訂正・癒しを可能にしている「助け」である「真の奇跡講座」は「創造主である神(完全な愛)との分離を信じ自分を自我だと思い込んでいる」という状態にすら気づけない私たちにとっては、とにかく、非常にとっつきにくいだけでなく、形態が聖書用語が数多く使用されているだけでなく伝統的キリスト教がその用語に与えている意味とは全く違う意味が付与されて使用されているので、キリスト教に馴染みのない東洋人にとっては尚更「奇跡講座」が教えている内容の「概略」だけでも理解できるようになるまでにも、非常に、時間がかかるだけでなく「この世界はある」「優劣がある」「解決には難しさの序列はある」「状況から幸不幸が生じている」「攻撃には、正当性がある場合がある」「愚かさ・愚行を裁くことによって注意することは場合によっては、必要である」ということを当たり前のように、自然に受け入れてしまっている私たちにとっては、残念ながら「奇跡講座」にビビッと惹かれて、「よし!!」と思い、読み出しても、自我が余りに定着してしまっているために、間違いが起きている心のレベル(原因のレベル)での訂正を可能にしている助けを理解して実践したくても、抵抗がすごく多く受け入れたくても、おいそれとすぐに受け入れられるような「教え」ではないので、その点も含め初歩段階の赦しの実践に理解の橋をかけサポートをさせて頂けたらと思っています。

 

そして「奇跡講座(ACIM)」はスピリチュアルの分野に関心がある人々からは名書と言われている書籍のようですが「奇跡講座が何を教えているコースなのか?」ということや「奇跡講座の理論面は正確に理解されているのか?」という角度から見ていった時に、実際は、そうではないということの方が圧倒的なのが「奇跡講座」のようで、何を言っているコースなのか!?ということを含め正確に理解していくには長い月日が必要なだけでなく今までの学びを一度リセットしてまっさらな状態で学んでいく姿勢やコツコツした勤勉さが問われる大変難解と感じざるえない書籍ということは言えます。

そして実践面で見ていった場合でも同じです。多くの場合「奇跡講座」の「原則」を使って自分の日常というものを使って自分の世界に対する心(教師を変える)を変える練習をしていくというよりも、むしろ外的状況や他者から自分に苦しみ与えられているという間違った思い込みを正当化するために使用されてしまっていたり完璧な純粋な愛との一体感からの分離感をさらに強化していくために「奇跡講座」が使用されてしまっている現状は否めないようです。このように「分離を実在のものとみなして訂正を受け入れられない」心としての私たちにとっては、この書籍に対して大変激しい抵抗があるため理論面の理解をどうしても希釈して理解してしまい、本当の理解に達する前に妥協して(自我の激しい防衛により)今理解している自分の理解の仕方が本当の「奇跡講座」の言っていることだと思ってしまっているということが日常茶飯事的に普通に起きてしまっている(筆記者ヘレンシャックマンさんやコース理解の第一人者ワプニック先生が理解していたようには「奇跡講座」を理解していないということ)現状が本当に一般的なようです。

このように自分の日常でコースの言っていることを、実際にそのままを理解したり実践したくても最初から毛頭できるわけではなく非常に根気強さを要します。そして大変時間(理論の初歩的な概略を理解するだけでも、多くの場合数年以上)のかかるプロセスなため独習の軌道に乗る前に挫折してしまうケースや理論面の理解を最後の最後に妥協してしまい、その理解が本当の「奇跡講座」が教えていることだと思ってしまっているケースも少なくないようです。ですので「奇跡講座」が教える「赦し」の習熟は一生涯をかけていくようなものでもあり、生涯を通じてのライフワークです。

私自身、何故私たちは(自分も含め)は攻撃(悪口を言いながら・・・批判しながら・・・etc)しながら永遠の平和や愛をこの世界に求めるのか?物理的な富や豊かさを手に入れているように見える人でも支配的で粗暴さがあり他者を見下さずにいられないのか?人間というものの暮らしには避けられない苦難が何故お決まりなのか?死の根源はなんなのか?「苦しみ」の根源は一体どこからくるのか...etcの疑問が幼少期より色濃くあり、その本質的な解決に向けて探求していく途上で形而上学(純粋な一元論の理論)と心理学の理論が見事に統合された「奇跡講座」という書籍に出会いました。

私がこの書籍と出会うまでに出会った数々の教えを実践しながら私自身が自分の人生を通して見えてきていたことは自分の痛みや苦痛に本気で向き合っていくということを実践していかないと外側に癒しがあると思って翻弄されて「罪あり」の夢を見続けるサイクルから抜けないこと。この世界は分離を実在とみなしている心の投影ですので、繁盛期とそれに相対するようにワンセットになっている閑散期という絵図らになっていること。それを知らないと状況と同一視して翻弄され一喜一憂する人生となり浮き沈みを繰り返すサイクルでまるで波乱な一生を送るということ。しかも、そうゆう次元で終わっているケースは少なくないこと。

この世界の外面的なことは「ピーク」とそれに見合った分の「底」がある周期性の連続で構成されていることでした。(特に状況が底の時期に内面に向かうようりも状況を改善させることで内面を癒そうとして状況を好転させることに目が向いてしまうケースが多い。)そして、この知恵はそれはそれで「生きていく知恵」として非常に役立ちました。しかし、
死の夢から目覚めるという根本解決に繋がっているわけではないことでした。(賢く生きるという意味では、この流れを知っておくことは幻想のレベルでは有益そうに見えるのですが。)そこで出会ったのが「奇跡講座」だったのですが、このコースは心を根本から無期懲役の独房から解き放つという角度の実践レベルから見ていった時に(状況に左右されることのない平安な心が達成されることが可能であり、癒されることが本当に起こっていくという観点から見ていった時に)非常に実用的です。(私がこの書籍と出会って実践し始めて実感し始めたことは、この「奇跡講座」という神話を使って自分の日常で本当実践すると本当の癒しを経験し始めること。(最初体験し始めた時驚きました。)この体験は、言葉を超越しているので、どうしても言葉で表現することができません。しかし、この体験をし始めると「赦し」という実践が自分に何をもたらすか理解し本当にやめられなくなるということは断言できます。)


そんなわけで、私どもの提供しているセッションでは「奇跡講座」の言っていることをちょっとでも理解して自分の日常で「実践」したいと望まれている方・「奇跡講座の教える赦しの実践」を自分の日常で実際に練習して習得していきたいと思っている方を対象に少しでも正しい「独習」の軌道に乗れるように、また、ご自身の日常で「奇跡講座」が教える「原因レベル」での「赦しの実践」の「独習の軌道」に乗っていけるようにサポートすることを主目的でセッションを行っています。私自身、生じてくる不快感に対しての自分の対応を「裁き」から「赦し」に鞍替えして、赦しの真価をひしひしと体験している者としては、是非ともに月に一度のセッションを、赦しの実践を自分に習慣化させて定着させていく機会として活用していただけたらと思っています。少しでも、このコースの赦しをを覚え、自分の日常でできるようになったらこの思想の恩恵に驚愕することと思います。本当におすすめです。

「奇跡講座」の教える「赦し」を実際に実践していった時、体験していく体験は、状況が好転していくかに見える癒しでは決して体験することがないような真に癒されるとはこうゆうことだったのかと実感するような癒しの体験です。






病気の根元である想念を取り消していくという治癒書である「奇跡講座」ですが、取り消しのプロセスはかなりの抵抗というプロセスを通過していくしかないため、現段階では人気がなく日の目を浴びていない助けと視点(自我から完全に解放された視点)だと思います。ACIMに触れている人の数は大変多いのにも関わらず、ACIMは非常に濃度が希釈されて理解されていたり、処世術としての「助け」を提供している書籍(例えば、心を変えれば世界や状況を変えることができるなど・・・)として理解されているACIMが蔓延していて、そうゆう意味では大変誤解(私たちの抵抗が激しいため)が生じてしまっている書籍であり(自我を自分だと思っている私たちには自然に起きてしまうことなのでしょうね。)とにかく、誤解・脱落率ナンバーワンではないかと言えるほど誤解してしまう書籍ですので、確かにその点は注意が必要です。


そして奇跡講座を学んでいく場合、欠かせない案内人がコース理解の第一人者であるケネス・ワプニック先生の「解説」です。非常に包括しています。ワプニック解説の素晴らしいところは、ACIMが何を教えているコースなのか!「のみ」を「解説」している点です。是非「奇跡講座」に惹かれた方が、ワプニック「解説」を水先案内人にして「独習」していく「醍醐味」や「奥行き」と「真価」を感んじていただけたら!分かち合えたら!と個人的には思っています。私どもに惹かれてご縁で出会った方に「奇跡講座」を学び実践し体験していく醍醐味と深みや楽しみを分かち合えたらって思っています。「独習」の軌道に乗っていくってどうゆうことをいうのかということや「独習」の軌道に乗る何かの一助になったら嬉しく思っています。尚、「奇跡講座」は生活が楽になっていく「助け」ではなくもっと包括した別な「助け」を提供している「教え」です。


「奇跡講座」が教えている「赦し」の3ステップとは?



第一ステップ 問題は肉体を含め状況の中にあるのではなく心の中にあることを認める

第二ステップ 自分の中にある問題とは分離を信じる決断から生じていて、自分で望まないものであると認める

第三ステップ その問題を聖霊に預けて聖霊がそれを私たちから取り去ることで達成される

 

上記の3ステップは、ざっくりとした概略的なものです。第一ステップに入っていく前にも心理プロセスを踏んで自分が感じている感情などを一切否定していかないことが大切になってきます。苦しみの原因は自分の中にあると理解されていくにもプロセスがあります。理論を学ばずに焦って安易に実践していくとコースの原理を自分の感情を否認したり不快感を打ち消すために「奇跡講座の聖霊というシンボル」を利用してしまい、隠蔽の度合いを深めてしまうことに使ってしまうこともあるので、いますぐ苦痛をすぐ取り除きたい的なニーズのケースには「奇跡講座」は向きません。

真の赦しのステップが実践出来るようになっていくプロセスで圧倒的に重要な一つは、原因のレベルと結果のレベルの区別です。「奇跡講座」の提供している「助け」は、分離を信じている、自我と同一視している私たちの願いを叶えるテクニックや魔法の杖ではなく、分離を信じている心が救われていくことが可能な「原因のレベル」で癒されていくことを可能にしている助けであり教えです。世界に対する私たちの心(教師)を変えていくことを助けています。

「赦しの実践」は外的状況によってイライラや不快感を感じた瞬間は、まさに絶好の実践の場です。
状況に微細でも激怒でも「イライラ」は罪悪感の投影を正当化する表れなので、イライラの大小は関係ありません。
第一ステップ、自分がイライラした瞬間に、問題は外にある!!と自分が決断した表れだ!!と気づきます。
(まず、自分の苦しみの原因は外にあると決断して罪悪の投影を正当化しようとしている試みの自分に気づき
認めます。)原因は外ではなく自分の中にあると正直に認めます。(ここわかってくるとそれだけで楽しいですよ。)


この事実を認めるプロセス自体に熟達していくにも、プロセスが必要です。
苦痛の原因は自分の中にあることを正直に認めていくことは、状況の中に幸不幸を見ていても幸せではない事実に
気づき始めると容易になっていきますし「そうしたい」と思いたくなるまで「投影」は自分で戻す意欲は持ちません。
自我を教師としたい間は、神(源)との分離は本当に起きたと信じていくことを強化していく方に従っていきます。
何度でも、不快感(罪悪感)を他人のせいしますし、現象の中に不快を見る試みを諦めません。

このステップを出来るように応援してくれるのが、「奇跡講座」の三部作の読み込みやACIMの 公認解説書やJACIMに
掲載されている文章を何度も何度も読みながら、理論全体の外観が歪曲なく理解されていく中で、意欲が赦していく方に益々高まっていきます。特に自我の力動のメカニズムの全貌など心理学的な力動のメカニズムというものをきちんと理解する事は非常に助けになり理屈が分かっていくので、しっかり赦しの実践が進歩していける様に助けてくれます。


 


 「奇跡講座」を共に学ぶベーシック3ヶ月コース

 

 「奇跡講座」を共に学ぶ3ヶ月コースは下記をメインにしています。

 ・ご自身の日常生活の中で「真の赦しの3ステップ」の実践の習慣化を助ける。

 ・「奇跡講座」の初歩の絶対的に押えて置いた方がいい初歩の奇跡講座の概念・輪郭を理解出来るように助ける。

 ・「奇跡講座」を学び実践していく上で絶対知っておいた方がいい注意事項とポイントを伝えて自我の抵抗とは
000どうゆうものかなどを理解することを助け歪曲理解しないように独習を助ける。

 ・赦しのプロセスは一人で行なわれる難しい内的作業なので、深い罪悪感を見て行くプロセスなどもありますので
  体験談を通して、実際どのような感じなのかなど自我の抵抗の表れ方の理解を助け独習を助ける。

 

 

 1、月に1回の個別セッション(赦しを実際に実践したい人に特化したセッションです。)

 
  ※初回のWEB個別レッスンは100分となります。

  最初に実践する時はあれこれ疑問・質問がでるものです。

 ・何から初めて良いのか?   
 ・どのように実践していくのか?  
 ・実践していくとどうなっていくのか?        etc・・・

  色々な疑問がでてくると思いますが、完全な個別レッスンになりますので、お気軽にお尋ねください。
  「奇跡講座」を学ぶ上で気をつけて置かないといけない重要なポイントや初歩の基本概念の輪郭の説明から
  スタートさせて頂きます。

 ・個別レッスン内容:理論、赦しの実践方法

 ①具体的な投影の戻し方&真の赦しの実践3ステップの簡単な解説
 ②質疑応答、シェアリング

    
 セッションでは「赦しの実践ワーク」を一緒にやって行く中で、中々掴み取りにくい自己欺瞞の所や闇を直 視して いくってどうゆうこと??の言葉で説明が非常に難しい、実際に実践してわかっていく「感覚的なニュアンスの「そ こ!!そこ!!」という「そこが 捉えていくポイント!!という所!!あ〜〜なるほど〜〜」などを一緒に深め合 っていくことにより、実際に自分の日常で「不快感」と直面した時、自己欺瞞している自分を自覚して「癒し」を受け 入れていく実践をしていけるようにサポートさせて戴ければと思っています。自己欺瞞に気づき自覚出来るようにな っていくと「不快感」を状況のせいにしていることにも、素直に正直になれるようになり、隠蔽しないでしっかり向 き合っていけるようになっていくので、そうなっていくと、普段の日常の見え方&体感が変わっていきます。そうな り始めると・・・本当に・・・肉体に付属している感覚ではない、原因のレベルで心が癒されていく体験というのは どうゆうことなのか!が始まっていくので、その奥行きの深さに驚愕し本当に楽しくなることと思います。「状況に 左右されない心の平安」の体験へのプロセスは、本当に言い尽くせないものがあります。

スピリチュル実践(霊的進歩の道)って、なんて奥深くて正直で真面目でエキサイティングな道だろう!


 そう感じれるようなっていきます!実際に、そうなっていけるまでにも、地道な「赦し」の練習の毎日です。上記に 書き表した心境になるまでにも、一足飛びには行きませんし、無理やり自力でいかせられるような道でもないですし 長期的に取りんで行く様な道なんだ!!と最初の段階で思っていた方がむしろ賢明な道なので、そうゆう面もサポー トさせて戴きます。実際に、赦しをしていくと、状況に左右されない心の本当の平安や静寂さが、どうゆうことか理 解していきます。これは、体験が起きる前ですと、状況が変わっていく中に癒しがあると思っていたい自我としての 私たちには、非常に価値を感じられない恩恵の様に思ってしまうものですが、体験していくと、奥行きの深さに圧巻 します。そして、外的な環境を通して追求する解決方法は決してうまくいかない事、平安は決して得られない。この 事実を「コースの教えている赦し」をしていくと、知覚が訂正されて知っていくことになります。この恩恵は計り知 れない恩恵です。

 

具体的なセッション内容

 ・月1回の個別セッション(3ヶ月間): 1回目100分 2回目 60分 3回目 60分

  ※継続的に受講することにより習慣化し、シェアしながらたのしく学んでいきます。

  ※赦しの実践を具体的に一緒にステップを踏んで体感してもらって、どうゆうことなのかということを
   体験から理解出来るようにそのニュアンスを理解することを助ける。

 ・サポート補助動画の配信サービス(3ヶ月間):一週間に1回の間隔で10分程度のサポート動画が届きます。

  ※「奇跡講座を独習する」「真の赦しの3ステップ」の習慣化を助けます。

 ・分からないことなど、メールにて質疑応答に対応。

 ・ご自身のプライベートセッション動画を後日改めてご自身で見れるように収録し独習をサポートします。
  (こちらのサポート、受講者の皆様にかなり、ご好評を戴いております。)

 
■月1回の個別プライベートセッションの日程:ご希望日ご相談ください。

※土日ご希望者の方のプライベート個別セッションはKOJI&MIKAの担当となります。

※平日の日中ご希望者の方のプライベート個別セッションはMIKAの担当となります。

■参加人数:お申込者1人(濃厚なプライベート完全個別レッスンとなります。何でもお話しください。)


 

 

                                  

 

 基本スカイプ、ハングアウト、活用しますが、設定は簡単です。

 

 


 2、一週間に1回の間隔で動画が届きます。

 

  サポート補助動画がに一週間に1本届きます。1ヶ月4本の動画が届きます。(1本の動画は10〜20分程度)
  奇跡講座の自学自習の重要さ・真の赦しの3ステップの習慣化・真の赦しの実践の進歩の為にお役に立てたら
  幸いです。

 

 

■1ヶ月目の学習サポート補助動画の内容 (4本/月 × 3ヶ月=12本)

1本目 奇跡講座を学び実践する前に知っておいた方が絶対いい初歩の概略紹介(9分)
2本目 奇跡講座でいう「心」と言う概念は他の教えとどう違うかの初歩概略(15分)
3本目 形而上学レベルの神との分離のプロセス&原因と結果が逆転している(12分)
4本目 赦しのステップを踏む前に踏んでいくと助けになる心理プロセスのステップ(10分)



 


こんな人におすすめです

 






■よくあるご質問 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 




■開催日・料金・締切日: 

スタート月の1日から学習サポートとしての補助動画が3ヶ月間送られます。
セッションとは別に、分からないことは、クラス受講中メールにて質疑応答のフォローアップ対応しています。


受講料:63,000円 (3ヶ月コース・動画12本付き・月1セッションペース100分・60分・60分
)

※上記の入門クラスの受講料の中には(奇跡講座三部作・奇跡講座入門・原因についてのコースのDVDが含まれます。 尚、お持ちの方は、上記受講料から20,000円割引となります。)

受講料:72,000円 (6ヶ月コース・動画12本付き・月1セッションペース100分・60分×5回)

受講料:129,600円 (1年間コース・動画12本付き・月1セッションペース100分・60分×11回)



1年間クラスは「赦しの実践」を自分自身に少しでも「習慣化」して「独習」の軌道に乗って行きたい方をサポートする
1年間クラスとなります。「奇跡講座」の提供している「助け」が少しでも理解できるようになって自分の日常を心を癒す目的で、多少でも目覚めの教室として実践できるようになって行きたい方向けのサポートクラスとなります。


■募集締切: 7月1日スタート     募集締め切り日 6月20日24:00 まで 
 ※もしくは募集人数に達し次第終了となります。

■場所

ウェブセッションですので、場所は自由。あなた自身が自分に向き合えてインターネットがつながる場所

※ハングアウトがメインになりますが、スカイプ・携帯電話でも可能です。(携帯電話料金は、ご負担ください)
※ハングアウト・スカイプなどの設定方法がご不明な方には設定方法をお教えします。(設定時間15分程)

 




リアルで会って「奇跡講座」の教える「助け」を理解し実践していくサポートをするクラス


リアルで会って分かち合っていくことほどダイレクトなものはないと思います。
この部分の理解は、リアルで会って自分で腑に落としていきたい。という時にご活用ください。

受講料: 単発120分セッション 27,000円 

尚、出張セッションの方も承っています。ご希望者の方はお声掛けください。

ウェブ受講よりやっぱり実際にリアルで会って実践をマスターしていきたい!!という時にご活用ください。

受講料: 82,000円  3ヶ月コース(月1回ペース) 1回目100分 2回目90分 3回目90分

※3ヶ月クラスのリアル受講料の中には(奇跡講座三部作・奇跡講座入門・原因についてのコースのDVDが含まれます。尚、お持ちの方は上記受講料から20,000円割引となります。)

■場所

大阪近郊・または和歌山自宅

尚、出張セッションの方も承っています。ご希望者の方はお声掛けください。(出張交通費別途要必要)

 

 

 

宿泊形式で「奇跡講座」の教える「助け」を理解し実践していくサポートをするクラス


「内容」と「形態」の区別を学べる奇跡講座。多くの助けが身体の問題・人間関係・金銭問題の中に苦しみがあるという前提で、状況を改善することにフォーカスした助けが多い中、(症状のレベルでの取り組みは一つ問題を解決したと思いきや、すぐに別の問題が現れます。)このような状況をもたらしている根本の原因を癒すことを可能にしている「奇跡講座」。

自分で自分の日常を「目覚めていくための教室」として自分の日常を心を癒す目的に実践していけるようになりたい!苦痛の原因があるところでの「原因レベルでの赦し」の実践ができるなりたい方を対象とした実践練習を助ける集中サポートクラスです。自分の内側にアクセスして苦痛の「根元」の取り消しに取り組んでいく実践に理解の橋をかけ「独習」をサポートする濃密な個別クラスです。実際に実践してシフトしていきたいという方におすすめの超〜〜マニアックなリアルサポートクラスです。

※生活が楽なっていくための実践のサポートではありません。むしろそこから解放される実践をサポートしています。
 心を真に癒すことを助けている「奇跡講座」の教える「赦し」の実践をサポートするクラスとなります。

(次回のリトリートクラスの募集は、お問い合わせください。)
 

 



【申し込みステップ】

 

    1、お申し込みをされると自動メールで振込口座情報が送られます。

    2、ご希望のクラスの参加料金お振込みください。

    3、今後の流れの詳細メールが届きます。(完了)

 

 

 

 

 

    【お申し込み】


            お申し込みフォーム

 

  

   
    お問い合せ:k_mika@seminar.jpn.com(3営業日以内にご連絡致します。)

 

    


 

                             

                                      トップページへ戻る

 

:

          
                 Page Top   奇跡講座学ぶブログ    おすすめウェブサイト   sitemap
                  奇跡講座とは?  ゲイリー&シンディー動画販売   ACIM一言コラム  奇跡講座を学ぶ3ヶ月コース  学習会情報  

                 奇跡講座一言コラムシリーズ
                  投影は心の罪悪感(1回目)  赦すを学ぶ(2回目) 罪悪感の原因(3回目) 聖霊とは?(4回目) 自我とは?(5回目) 
                  時間の終着駅(6回目)   自我が望む事(7回目)     赦しの3ステップ(8回目)   奇跡講座の学び方(9回目)  
                  赦しのレディーファースト(10回目)  ステップ1 怒りの取り消し(11回目)

                 奇跡講座学習会情報
                 東京・岐阜・大宮   東京(豊島園)    名古屋(東区)   名古屋コミュ    大阪    神戸・徳島  
                 北九州市       福岡・鹿児島
 
                        真実に生きる!実相世界で生きる「奇跡のコースの学びが深まる」 はKKCが運営しています。
                            Copyrights(C)2012 DAINISHINSOTU CO.LTD All rightsreserved