【Holy One Heart】ゆるしのハートワークショップ




奇跡講座(ACIM:A Course in Miracles:以下コースと呼ぶ)聖霊とともに心を平安に導くためのコースです。
心を平安に導く道は個人ごとにさまざまであり、ACIMはその1つにすぎません。
しかし、コースを学習し始めると常に私たちが正しく導かれていることに気づかされます。
聖霊
はすべてを取引なしに示してくれます。
コースを理解することは、スピリチュアルな道を進むことに限定されません。
この世界で平安に生きることをゴールにしています。

コースは世界の常識を完全に否定するため、初めは受け入れることへの抵抗を生じるかもしれません。
それは、この世界では決して気づけないことを示してくれるからです。
コースは私たちに、必要なタイミングで必要な気づきを与えてくれます。
学び始めるそのときがベストなタイミングなのです。

コースの理念を受け入れるには『テキスト』や『ワークブック』を読むこと以外に、赦しが必要です。
それは、人と関わる経験をとおして自分を赦すことです。

赦しは、その経験を共有できる人がいるほどその効果を自覚できます。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

「奇跡講座(ACIM)」を学んでいくと「赦し」の大切さがわかってきます。
赦しは私たちが無意識下に持っている罪悪感を取り消すための方法です。
赦しを行うには自分の心を「正直」にみることが大切です。
そのためには、自分が今何を感じているかに気づくことが必要です。
ワークショップでは、赦しのポイントについてワークとともに分かりやすく伝えていきます。


<ワークショップ内容>

 ・ハートを感じる
 ・心の状態を見る
 ・自分に気づく
 ・自分を赦す
 ・受け入れる

※奇跡講座をはじめたばかりの方、気になる方でも大歓迎です♪ 

  


■主催者に問い合せ・質問

holyone.ml@gmail.com (主催:Holy One Spirit

 

 

■主催者 : George(岩崎徹)さん と Shoko(榊原祥子) さん

George

2011年、変性意識状態を体験中に強烈にハートを感じ、その後、シャスタにて不意に郷愁に誘われ
ぼろぼろ泣きじゃくる体験をしました。
このようにしてハートに興味を持つようになったころ、「奇跡講座」と「あわ歌」に出会います。
奇跡講座を学習していくなかで、ハートの体験は知覚を超えたところからやってくることがわかり、
自分のなかで理論と体験が徐々に結びついてきました。最近は「あわ歌」という日本古来の歌を歌うことで
ハートを感じています。

 

Shoko

ご縁でハートを感じるハート瞑想に出会い、そこから奇跡講座を知りました。
その数年前に、シータヒーリングに出会っていたため二つの共通点をみて、両方を学ぶが、
両立が難しくなり、奇跡講座のみに専念。
専念することによって、心の解放が進み、更に奇跡講座の学びに集中しています。
奇跡講座は、自学自習のカリキュラムですが、一緒に学びシェアする仲間がいることの素晴らしさを感じています。

 

 

奇跡講座で説明している「平安」の状態に向かうには体験による理解が重要です。
「ハート」を感じること、「赦し」を実践すること、このどちらも体験に結びつきます。
私たちが主催するワークショップは、ハートを感じるワークと、赦しの実践ワークが中心です。
奇跡講座の理論を理解し、ハートを感じ、赦しを行う、この3つに注目して
日々実践することが「平安」に導かれる近道だと感じています。

まずはワークショップで、ハートを感じることを体験してみませんか。
忘れていた感覚を思い出すきっかけになるかもしれません。


   

  

 

 

 

 


 

 

                             

                                      トップページへ戻る

 

ACIMを深く学ぶウェブサイトのフッターライン     
奇跡講座とは?  ゲイリー&シンディー動画販売   奇跡講座一言コラム  奇跡講座を学ぶ3ヶ月コース  学習会情報  

奇跡講座学習会情報
東京・岐阜・大宮   東京(豊島園)    名古屋(東区)   名古屋コミュ    大阪    神戸・徳島  
和歌山(運営者)   北九州市       福岡・鹿児島

       真実に生きる!実相世界で生きる「奇跡のコースの学びが深まる」 はKKCが運営しています。
           Copyrights(C)2012 DAINISHINSOTU CO.LTD All rightsreserved