こんにちは!!
何かの必然的なご縁でこのページにたどり着き惹かれてアクセス!!ありがとうございます。

私個人にとっては、自分の苦しみの根本に関係している原因を取り消していく取り組みというのは、
子供の頃から探し求めていた「癒し」だったので、もはやコースの説く「赦し」の習得・習熟は、ライフワーク。

今年のCindyの1年間クラスは、2017年9月からスタートです。ゲイリーもサプライズ参加する模様。
(今年来日した際に、自分でいっていましたが、本人が覚えているかは不明・・・(笑)

多くの場合、自分の苦しみは外側からきていると通常は何の疑いもなく心から硬く信じています。相手が自分を悪く思っているから・・・仲間はずれにされるから・・・お金がないから・・・結婚できないから・・・勉強ができなくて高学歴を持ってないから・・・条件の悪い会社勤めをしているから・・・etc。

常に自分が所有できているものや外的状況の満ち度合いで自他の霊的成長を判断したり幸せのバロメーターにしていく視点は多くの誰もが採用している視点であり、普通に起きています。そして、自分の苦しみや虚しさや欠乏感や痛みなどの全ての原因は自分にあるのではなく、自分以外の他の要因から自分にもたらされていると私たちの誰もが何の疑いもなく心から信じているものです。(外的状況から苦しみがもたらされていない事実は、自分で何かがおかしいと感じ、ものの見方を逆転させていくなんらかの勉強に取り組み自分の日常というものを自分を癒していく教室として見て実際に実践してみて、外的状況から苦しみが生じていないという事がわかるような体験でもしないかぎり、本当の意味では知る由もありません。)

まずは、あまりに現実で嫌な事ばかり起こったり、人生がうまくいかない・・・という事をきっかけに、人は肉体の目では見ることができない分野に興味を持ったりします。そして、苦しみの原因が自分の外側にあると信じている私たちにとっては、スピリチュアルというと、問題に満ちた外的状況を変容してくれる「助け」としてのスピリチュアルをイメージします。そして、この世のレベル(症状のレベル)での癒しや救済は外的状況や病気の症状というものを解決してくれることはありますが決してその原因に影響することがありません。この大きな違いについては学べば学ぶほど、歴然だということが自分の中で明らかになっていきます。

このクラスが視界に入ってきたご縁した方が、「奇跡講座」が教える「原因レベルでの赦し」とは、どうゆうものなのか・・・ということや、「罪」を「実在のもの」としている視点から完全に解放されている「奇跡講座」の教える「真の赦し」の「視点」とはどうゆうものなのかということを知ってご自身の日常を「目覚めていくための教室」として見ていく学びのプロセスの導入になればと思っています。また、「奇跡講座」を学び始めてこのコースが教える「赦し」をご自身の日常で習慣にし定着化して行きたい方にとっても、もちろん最適なクラスとなっています。

自分の苦しみの原因影響してくる「赦し」を自分の日常で練習、すなわち「裁き」から「赦し」への移行というものは、「自分は正しい」という必要から解放され「幸せ」になっていきます。しかし、分離を実在のものとみなしている思考体系の力動は、知的理解の上では、理解できますし、知っていくと、とってもシンプルな事ではありますがこの世レベル(実践のレベル)で見ていった時にその取り組みは(自分の抵抗を超えていくことは、)実は自分に忍耐強く愛情深くある事が大切になってくる非常に地道な取り組みプロセスとなります。

ですので、本来心が癒されて益々軽くなっていく経験をしていくはずの「赦し」の練習が時として「赦し」のために嫌な出来事を黙って耐え忍んでいたりとか「嫌な物事から逃げるのは結果のレベルで原因に影響があるわけではないからと言って、ひたすら「赦し」のために黙って辛い出来事を耐え忍ぶとか、「奇跡講座」は「独習」だからといってひたすら、分からないのに物理的に一人で寂しく部屋にこもってテキストと格闘などなど「孤軍奮闘」になっている場合があります。(だからと言って、会社が気に入らないからと転職ばかりするとか、ある特定の人間の教師に依存したり傾倒していくこととはもちろん違いますが・・・笑)

本来、自分の目の前に現れてくる日常という教室で「奇跡講座」が教えている「赦し」を練習すればするほど「奇跡講座」が教えている「赦し」がどうゆうものかわかっていきますし、本当に心が癒されて軽くなっていく経験を体験していきますので、大変楽しいプロセス(確かにかなり激しい抵抗を超えていくので容易ではないですが・・・笑)ということは本当に言えることなのですが上記に書いたように「独習」ということを一人で悪戦苦闘して学んでいくことだと思ってしまっていることもあるようです。そして、実践して体験していくよりも神学者になってしまっているケースも多いようです。「目覚め・癒し」は、実践して体験していく方が何千倍も豊かな経験です。神学は、行き方は知っているけれど、実際その場所には行かないことと似ているように思います。これは大きな違いのように思います。

Cindyとの1年間クラスでは、是非「赦し」を自分の日常で習慣化して定着させていく補強材として、クラスを活用して戴けたらと思っています。9月からのシンディの1年間クラス惹かる方、一緒に学びましょう。
それでは、皆さまのご参加お待ちしています。


                                     感謝を込めて KOJI&MIKA

 


シンディとゲイリーをご存知ない方のために!!


ゲイリーは『神の使者』の著者です。『神の使者』という書籍は、コース理解の第一人者であるワプニック先生が教えてきたような非二元論の思想としての「コース」を、当時の他の「コース」関連書のような希釈や歪曲をせずに紹介しそれにもかかわらずベストセラーになったという異例の本の著者です。

それによって、アメリカではケネス・ワプニック先生に一気に注目が集まるようになり「非二元論」という言葉が、初めて「コース」との関連で広く普及していったそうです。(だからと言って、「奇跡講座」をニューエイジが提供しているような助けの延長線上の助けだと思っていたり処世術的なものとして理解して接する人々がいなくなったわけではないということはいうまでもありません。)そんな役割を担った書籍である『神の使者』。

しかし『神の使者』はあくまでも正しいコースを紹介してくれている書籍であり、「コース」を正確厳密解説してくれる解説書という役割を担ってるという意味ではないという点を理解することは一つの大切なポイント。「神の使者」はエンタテインメント的要素を含んで書かれているのと、コースとは関係ないことが盛り込まれている点と翻訳から出てきてしまっているズレのようなものがあるため、それを含めて考察すると正確な解説の役割をになっているのではなく正しいコースへの導入をするという役割を果たしている書籍であるということが言えます。ですから、「神の使者」という書籍は、コース理解の第一人者であるワプニック先生の著作や正しいコース理解への入り口に橋渡しの役目を果たしている書籍ではないかと個人的にはそんな風に感じています。

そもそも、スピリチュアルというカテゴリーに興味を示すきっかけは、外的状況の困難さだったり、または所有欲を十分満たせてわがままを聞き入れられるような人生を送っているけれど、心が満たされないことがきっかけだったりしますが、いづれにしても、「スピリチュアル」で「イメージ」するのは「外的状況の改善」の「助け」という認識が一般的のように思います。そうゆう意味でも、「神の使者」という書籍は、本当の意味で「夢から目覚めていく」ということは一体どうゆうことをいうのかを実は知っているようで知らない、学びの途上の私たちに、真に目覚めていくことを「助けている」一つの道である「奇跡講座(ACIM)」を希釈しないで、
紹介し橋渡ししているという意味において、この書籍の役割と貢献があるのではないかと個人的には思っています。

それから「神の使者」は、ワプニック先生の著作や正しいコース理解への入り口に導いてくれている書籍ですが、だからと言って、この「神の使者」という書籍を読んだ方全員がワプニック解説から学ぶようになっているかというと、そうではないケースももちろんあるのはいうまでもありません。
そして、シンディはゲイリーの奥さんであり「神の使者」という書籍に中に出てくる「アーテン」となります。シンディは教師と音楽家の家庭に生まれアメリカ中西部で小さい頃から音楽に囲まれて育ち現在音楽タレントでもありスピリチュアル・ライフコーチです。サンタモニカ大学でスピリチュアルサイコロジーの修士を取得。彼女の歌声は聞く人の中に一元の愛が存在していることや内なる教師がいることを思い出させてくれますし世界を変えることではなく、世界に対する自分の心の方を変えていく「赦し」を習得していくことに対して勇気を与え取り組み意欲を強化してくれます。何より、個人的に共振していて好きなのは彼女の「赦したい気持ち」です。理屈抜きに彼女の「赦したい意欲」に触れることは「裁き」を放棄し「赦し」を覚えていく過度期の学びの段階のレッスン人に大きな勇気を与えてくれます。

 

 

 

 

 

 

申込受付期間&参加費


受付募集期間 2017年6月15〜8月20日まで



※ 参加費 120,000円

 

申込方法〜1年間クラス開催当日までの流れ 

 

→ インターネット上の申込フォームからお申し込み。
→ 申込フォーム受付後、自動返信メールにて振込先口座とご留意事項をご案内します。
→ ご入金の確認をもってクラス参加の確定とさせていただきます。
→ クラス開催日当日までに必要なご連絡は、個別メール等でご案内させていただきます。

 

 

 

 

   

 

 

 

 

※今回のイベントの売上げの一部はACIM関連の団体に寄付されます。



                      


【お問い合わせ】 k_mika☆seminar.jpn.com (3営業日以内にご連絡致します。☆印を@に変えてメールください。)

   

                             

                                      トップページへ戻る

 

ACIMを深く学ぶウェブサイトのフッターライン      
      真実に生きる!実相世界で生きる「奇跡のコースの学びが深まる」 はKKCが運営しています。
         Copyrights(C)2012 DAINISHINSOTU CO.LTD All rightsreserved