奇跡講座トップページ 〉〉〉今日のACIMの一言 〉〉〉聖霊とは?


 

      


聖霊とは?


 「奇跡講座」を読んだ事がない方向けの補足説明    「奇跡講座」とは?

 


そもそも聖霊とは何か?「奇跡講座」を既に読まれている方には説明は不要だと思うが・・・キリスト教的に見ても聖霊は「父(父なる神)からのみ発出したもの」とある。「奇跡講座」でも同じ様に私達が神との一体性を思い出すには、自分は分離したと信じてしまっているので、自分で解決することはできない。だからこそ、聖なる存在の力
神が与えてくれた答え「聖霊」と一緒でなければ不可能だ。聖霊の声、それはすなわち神の声ということになる。イエスが常に聖霊と共にこの世界を生きたように、私達が神との一体感を思い出すには「自分は何も知らず」聖霊に委ねる事が重要になります。『奇跡講座』の「イエス」についてを一読されると、真の赦しの実践への理解が深まります。


第4回 自分の中の真の訂正を行う聖霊の声を復活させるには?


兄弟を ①聖霊を通してみるのか? ②自我を通してみるのか?

まず、「奇跡講座」の聖霊は、願い事を叶えてくれる聖霊ではありません。現生利益のスピリチャルに慣れ親しんでいる場合は、この点を理解出来るまでにも、結構プロセスがあると思っていた方がいい位のレベル感です。私たちは最初、どうしても、被害者的立場の視界や夢の中の登場人物からの視点に立っていますので自分が罪悪や恐れを生み出していることが分かる地点にいませんので(当たり前ですね)最初は願い事を叶えてもらうための聖霊にしたり、自分の恐れなどを取り除いてください!!などと言って全部聖霊がやってくれる的な逃避のための聖霊になっているケースが非常に多く(私たちのクラスに参加されている方でも何度話しても受け入れられない方いる現状があるように←ただこの文章を読んでいる分には嘘のように感じるかもしれません。私たちは自分は大丈夫と思いがちですが、頭の理解実際受け入れて理解していくとでは途方もない距離があるのです。実際に人に教える立場をとっている「奇跡講座」の学習者の方でも、聖霊に丸投げすることを結果的に口伝していたり、この世レベルの行動規範のことまで「奇跡講座」の聖霊と繋げての解説になっているケースはごく当たり前に普通に起きていて、聞く側も違和感なく気づかずそれを「奇跡講座」だと思っているからです。)多くの場合私たちは、このレベルからスタートしていきます。

ですので、まず、「奇跡講座」の「聖霊」は「赦しのための聖霊」だという点を最初から知的レベルでしっかり認識しておくことが大切です。

2018年2月に「聖霊」に関する質疑と動画2点がJACIMよりアップされましたので、こちらの記事に添付しておきます。何度も繰り返し自分自身の霊的進歩の実践のために見てみてください。

JQA#25「聖霊に聞く」というのは、具体的にどうゆうことを指しているのか。

       

       




この世界の中に存在する地点にいる私たちにとっては苦しみの要因が状況の中にあると思っているのが普通の私たちの在り方です。夢の中の登場人物になっている知覚からは、そうした知覚しか生まれないのですが、根源的には分離を信じる心の決断から生じている全てです。 (投影は知覚を作り出すからです。)

     


上記の絵を見て下さい。例えるなら、テレビの中にいるのが今の私たちの普通の感じ方です。まるで、自分は何も分からず、翻弄されるだけの被害者の様にすら感じるのが通例です。そして、その苦痛を取り除こうとする努力も全部状況で改善しようとします。(もっと悪くすると損失と感じたものに対して不義によって報いたりします。)本当はテレビの外が自分です。時間と空間の外にいる心が私たちです。

例えば、旦那さんのウマくいかない状況が自分の苦しみの原因だと感じているとします。すると、喧嘩をしたり、他の男性と肉体関係になってみたり、お酒を飲んだり、仕事に逃げたり外的状況が苦しみの原因と思っていますので、他の状況に逃避していくのが大体の私たちの普通の生き方です。(外的状況を自分の苦しみの原因としている時、決して私たちは自分を改善することに目が向きません。誹謗か仕返しか愚痴になります。)

占い・〇〇学・墓相・家相・風水から始まりサイキックリーディング・霊能・ヒプノその他多種多様のスピリチュアルがあります。一つ言えることは、コースの赦し以前に、この世をよくしていくためのスピリチュアル実践でも、努力が伴わないスピリチュアル実践には注意することも大切です。癒されていくプロセスは本当にそれぞれで個人に即しています。焦ることなく実践していきましょう。

この世レベルの状況が自分の心を癒してくれるのではないという点は何年かかってもいいから実践して理解して腑に落としておかれた方がいいです。何故ならこの根本原則をがっつり腑に落としていないで実践していると、いつまでたっても一喜一憂の実践レベルから抜け出せなくなるからです。

外的状況を好転させていくテクニックの情報はいっぱいあります。例えば、ヒプノのテクニックは過去世などを見てこの過世が今の状況を作っていることがわかったりして、本人自身がわかった瞬間必要がなくなり、現象が消えてしまうことはよくある話です。しかし、コースの「赦し」の実践とは、こうゆうレベルで起こっていく「癒しの経験」とは別です。この点もしっかり理解しておかれるといいでしょう。

癒しのプロセスというのは、本当に良いとか悪いとか劣っている癒しとか勝っている癒しとかではないので、しっかりこの点も腑に落としておかれるといいと思います。スピリチュアルの知恵を知ることで、他者より勝っていると思うようになったり、あなたと私は違うのよ!!って内面で思うようになってしまうくらいなら、(スピリチュアルの情報を手にした私たちがこうゆうケースに陥ってしまっていることが本当に多いので。)外見上、人が群がりたくなるような人生ではないかもしれないけれどスピリチュアルなど知らずに分け隔てなく他人に優しく生きれるようになることの方がよほど価値があると思いますし他者と喧嘩するためのスピリチュアルではないですからね。(笑)

    


「奇跡講座」は一元論と高度な心理学が統合されいますが、一元論の中でも妥協のない一元論の教えとなっています。コースから学び自分の日常に適応して実践していくのですが、本気に学び実践していくなら状況というものに左右されることのない圧倒的な心の平安というものがあることを知っていく体験をしていくようになっていきます。

「運命は出会いまで」
シュタイナーの言葉ですが、不快感と出会った時、聖霊の答えを受け入れる決断をしていくか、意地を張って、自我を信じる決断をし続けて、罪を実在とみなしていくことを強化して処罰を正当なこととみなしていくことを続けていくかとなります。外的状況が全ての原因なら私たちが逃げる手だては永遠にありません。幻想から幻想を渡り歩く以外に選択の余地はなくなります。私たちは誰もが、必ず、同じ苦しみに苦しんでいます。苦しみの取る形態は多種多様ですが、どれだけ金銀財宝をまとって誤摩化していても同じです。

 

最初は、不快感の原因を状況に感じる知覚が100ですので、その感じ方をひっくり返していくには、もの凄く練習が必要です。でも、段々「赦し」の実践の筋肉がついていく度に、不快感を外に見ていく生き方をやめて、原因のあるところに目を向け始めることができるようになっていき、訂正可能な場所で赦していく実践に進歩していきます。自分を解放に導いていいくことに気づいていくので、もっと実践していきたい気持ちになります。真逆に歪曲している知覚を修正していくプロセスですので、かなり困難に感じるプロセスを沢山通過していきますが、誰もが通るプロセスです。勇気を持ってすすみましょう。

赦しを実践し始めると不快感は自分が自我を信じる決断をした表れだと気づくサインとなっていきます。実践を本気にやりだすと、それがどれだけ癒されていく扉の鍵を握っているかに気づくようになっていくようになり「赦しの実践」はやめられなくなっていくでしょう。自分が感じる不快感に対して、「奇跡講座」が教える赦しのステップを踏んで思考を逆転していくことをちゃんと続けていくと、「奇跡」を体験していきます。(憎しみが取り消され愛の現存の経験をします。)

聖霊の答えを受け入れるだけが私たちのやることです。自分の抵抗を超えていくこと頑張りましょう。癒しを受け入れることだけです。癒しに対して、自我としての私たちは途方も無い抵抗を示します。何故なら「自分だと思っているもの」が消えてしまうからです。でも、実際は消えるのではなく、消されると思っている知覚からの完全解放です。テキストを読み込んで、日常ではワークブックをやっていくことで、聖霊の声に従っていくとはどうゆうことなのか段々に分かっていくようになります。霊に従っていくことが心の安泰だとわかるようになっていくようになります。




今週の実践の一言 不快感と出会った時、自分が自我を選ぶ決断から生じていると認める。


聖霊は私たちと共にいつも、いつも、いてくれる。
心の中に(肉体の中ではありません)光として私たちが癒しを受け入れるまで、輝き続けている。

 

 

 

 

 

今回の記事のライター  MIKA

最後まで通読ありがとうございました。いかがでしたでしょうか?
読んだ方の「独習」のお役に立てたら幸いです。

              

            Photo sedona カセドラルロック by mika

カセドラルロックは慣れれば30分くらいで上までつくのですがお昼寝したりお弁当を持ってピクニックしたり瞑想したりするには最高の場所ですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 奇跡のコース(奇跡講座)を友に学ぶ3ヶ月コース。”神・真の自己を思い出す時間”

 

 

 

 

 

 

 

奇跡講座トップページ 〉〉〉今日のACIMの一言 〉〉〉聖霊とは?

■その他のおすすめ記事
ACIMの一言 総まとめページ

投影は心の罪悪感

第1回 投影は心の罪悪感から
罪悪感は心の投影だと理解する。

赦すを映画から学ぶ 第2回 「赦す」を映画から学ぶ!
背番号42 世界を変えた男。メジャーリーグの偉大なる黒人選手の感動の実話 !
罪悪感の原因 第3回 罪悪感の原因
奇跡講座の説明する罪悪感の起源!実相においては、私たちは神の心の中でスヤスヤと安らいでいます。
聖霊とは? 第4回 聖霊とは?
自分の聖霊の声を復活させるには?この世界の中に存在する地点にいる私たちにとっては・・・
自我とは? 第5回 自我とは?
きっと、驚くだろう・・・・自分が自分を罰していると理解した時には、そしてそれが救いの一歩!

  第6回


   

                             

                                      トップページへ戻る

          
                 Page Top   奇跡講座学ぶブログ    おすすめウェブサイト   sitemap
                  奇跡講座とは?  ゲイリー&シンディー動画販売   ACIM一言コラム  奇跡講座を学ぶ3ヶ月コース  学習会情報  

                 奇跡講座一言コラムシリーズ
                  投影は心の罪悪感(1回目)  赦すを学ぶ(2回目) 罪悪感の原因(3回目) 聖霊とは?(4回目) 自我とは?(5回目) 
                  時間の終着駅(6回目)   自我が望む事(7回目)     赦しの3ステップ(8回目)   奇跡講座の学び方(9回目)  
                  赦しのレディーファースト(10回目)  ステップ1 怒りの取り消し(11回目)

                 奇跡講座学習会情報
                 東京・岐阜・大宮   東京(豊島園)    名古屋(東区)   名古屋コミュ    大阪    神戸・徳島  
                 和歌山(運営者)   北九州市       福岡・鹿児島
 
                        真実に生きる!実相世界で生きる「奇跡のコースの学びが深まる」 はKKCが運営しています。
                            Copyrights(C)2012 DAINISHINSOTU CO.LTD All rightsreserved