奇跡講座トップページ
 〉〉〉今日のACIMの一言 〉〉〉罪悪感の原因

自分が勝手に思い描いた罪悪感が自分を苦しめている原因だったとは。そしてその罪悪感すら、真実ではなかった。  

      

 


罪悪感とは?




 「奇跡講座」を読んだ事がない方向けの補足説明    「奇跡講座」とは?

心理学的には普通罪悪感は「自分は悪い事・やってはいけない事をしてしまった」という感覚になり後悔・罪を感じることです。心理学的に見ると、無意識的にそれを償うには罰が必要と自動的に感じます。しかし、この世界は罪悪感を感じる様に作られていますし、罪悪感を持ち続ける事で維持されています。「あなたは悪い事」を既にやってしまったのだから取り返しがつかない。だからこそ罪悪感を抱き続ける事ができます。この世界はリアルに存在していると私達は信じています。しかし真実は幻想です。幻想とは根拠のない空想。とりとめのない想像です。「奇跡講座」は、心理学(心理学自体は世俗的な学問ですが)の概念を形而上学(その中でも最も妥協のない一元論となります。)が見事に統合されていて、日常を普通に生きながら、罪悪感を取り消していける教えとなっています。私たちが事柄で感じていると思っている「罪悪感」氷山の一角であり、真の罪悪感は時空の外の心の中にあります。「この世界が幻想」というのは知的レベルで情報としては簡単に聞き流し程度に受け入れられますが本当の所で実践レベルで容易に受け入れらるものではありません。「奇跡講座」を学び、現実が幻想という意味が本当に理解出来てくると真実のレベルでは何も起きてなく・罪悪感を感じる事がどうゆうことなのか明確に理解し始めます。

罪悪感を感じる事より赦しの3ステップを実践する事により、本当の真実が見えてきます。


目次

1、奇跡講座の説明する罪悪感や恐れの起源

2、自分の決断で生じさせている罪悪感から逃れる為に作り出したのが、この投影された世界

3、罪悪感からの解放方法


「奇跡講座」の説明する「罪悪感」や「恐れ」の起源


実相(真実の世界)においては、私たちは神の心の中でスヤスヤと安らいでいます。神はこの世界に関与していません。これは、本当の意味で救いの答えですね。仮に、この世界に神が関与しているなら、神は処罰の神となり愛は存在していないことになりますし現時点で感じている苦痛から誰も本当の意味で逃れることは出来なくなってしまいます。
しかし、幸いなことに、神は愛。完全な愛。一体性そのもの。「奇跡講座」の説明する「罪悪」と「恐れ」の起源は、神との分離を実在のものと信じたことにあると説明しています。


この世界があると思っている私たちの世界には心理学という学問がありますが心理学自体はこの世が存在しているという前提の世俗的なものとなります。形而上学というこの世界の成り立ちなどを研究する学問がありますが、現象界の奥にある世界の根本原理を探究する学問。のことですが、一元論(ただ一つの原理で、すべてを説明しようとする考え方。)の中でも「奇跡講座」は全く妥協のない一元論となっています。そして、その一元論と高度な心理学が統合されていて日常で生活を一切変えることなく、常識を見失うスピリチャルではなく地に足を着けて、普通の生き方を見失わず自分の心の中にある罪悪感を癒していくことの可能しています。これは、本当に素晴らしいと思います。しかし、注意点として多くのスピリチャルの助けは、外側の状況が自分の望む状態になったらまるで「恐れ」「不安」「羨望心」「妬み」「劣等感」が消えるのではないかと感じさせる広告やフレコミも多く、外的変化の中に救済があるということが大前提となっているサポートも多くありません。そして、世の中にはコンプレックスス商法が数多くありますが、スピリチュアルも自分を先導的立場にすることで欠乏感を癒そうとしているケースも少なくなく、ビジネス展開としてスピリチュアルを商材としているだけというケースも本当に珍しくないので、そうゆう意味でもスピリチュアルに興味を持たれた時は本当に自分を救済していくものなのかなど、常識を抜きにして考えないという冷静な視点も必要です。

 


 

さて心理学自体は世俗的なものですが、「奇跡講座」は形而上学と統合されていてそれを原因のレベルに当てはめて心理学の概念を使って(知覚の歪曲・投影などなど)説明しています。凄くユニークで、この点も理解し始めるととても感動します。

この世界にいると思っている知覚に捉われていること自体がどうゆうことかを全く知らない時、多くは外的状況が苦しみの原因と考えて、外的状況がよくなっていくように色々な事を試していると思います。例えば、自分を肉体だと知覚している知覚からで求めるものとして、かなり、オーソドックスな一般的なもので状況が望むものになると幸せでいられるという強烈な幻想です。この考え方を規範に行動していく延長線上で体験していく体験はいづれ虚無に変っていく幻の体験となります。また、よくあるもので宇宙は「物質世界(目に見える世界)」と、「潜象(せんぞう)世界(目に見えない世界)」の二重構造をしていて、ネガティブなものを手放していくと、この世界が良くなっていくというような考え方がありますが、この世界全体が、そもそもこの世界があるという前提(分離は起きた)の間違った心そのものの中身が投影されているものです。

 

自分の日常で「赦し」をしながら「奇跡講座三部作」「ワプニック解説」を読み込んでいくと、この世界の美や善は相対的な概念ということなども理解していくようになっていくので、徐々に徐々に実感を伴って、この「助け」がどれほど壮大なスケールの事を教えていることが分かります。


神の子の分離についての説明は、テキスト268ページ「序」の所に出て来る言葉で「自我とは神の父になりたいという神の子の願望から作り出されたものだからである。」やテキスト756ページ「小さな狂った考え」テキスト333「特別な好意を求めるようになるまでは、平安の中にいた。」の所で説明されています。「奇跡講座」の説明する形而上学的なレベルの神の子の分離の話(神話)の詳しい解説はのワプニック先生の講話やJACIMの加藤氏の講話の中で曲解無く正確に説明されているので、「奇跡講座」の説明する赦しの実践を自分の日常でやっていくことに興味のある方は是非、講話DVDを購入されて聞かれることをおすすめします。「奇跡講座」の論理全体の骨組みの土台となる基礎的な講話であり、必須講話です。

分離を信じるということは、どうゆうことでしょうか。神の性質は一体性・一致性・完全な愛・永遠などですが、分離を信じた。ということは一体性を破壊出来たということですね。すると、攻撃が可能だと信じている状態ですから、神からの反撃に恐れおののくことになります。心の中にいたなら、神から罰せられると思います。神から逃げるために心そのものからでてしまおうと思います。・・・という心理プロセスとなっていくのは必然の流れなわけですが、分離を信じると必然的に罪悪感が生じるのは必然の結果で恐れも生じます。神との分離が起きたと信じた瞬間に罪悪感が生じます。罪悪感は自分に処罰を要求します。これが「奇跡講座」が説明している恐れの起源ですが、この神の子の分離の形而上学の神話で語られる論理を自分の日常で応用していくと、あらゆる苦しみから解放されるプロセスが始まり生きることが本当に楽しくなります。


自分の決断で生じさせている罪悪感から逃れる為に作り出したのが、この投影された世界


この世界は自分の罪悪と向き合わないための煙幕として生じていますが、何故、向き合いたくないかは、上記に概略で書いた通りなのですが、神との分離を信じたというのは、どうゆうことかと言えば神とは永遠です。生命です。一致性です。完全な抽象性です。完全な愛です。完璧な一体性です。それを破壊することが出来たと信じることが分離を信じたということです。これだけでも、どれだけのことをしてしまったと思って罪悪感を生じさせているのか!!その途方も無い壮絶な罪悪感であり、規模感だということはイメージが出来ると思います。分離を信じることで構築していく思考展開・心理プロセス展開はそれはそれは狂気に満ちています。神の子は一体性を破壊して、神から命を奪い「個」という体験をしている夢を見ているわけです。かなり狂気です。この世界にいると思っている私たちには、恐れや罪悪感は状況から生み出されいると知覚されますが本当は自分で生じさせています。

この世界は罪悪と恐れが素材で出来ています。肯定的に見えるものも否定的に見えるものも、全て分離の表れでしかないことのトリックの全貌は自分の日常で思考の逆転の実践をしていかないと容易に理解されていきませんが実践していくと克明に理解されていきます。

地球外生命体などのシナリオも分離を実在のものとしている幻想を信じる心が見ている夢ですが、(二元のスピリチュアルで宇宙人系も人気がありますね。)分離を実在のものとしてみなしてる心が心自身に目を向けないでいるための障壁の規模感は広範囲に張り巡らされています。しかし、「奇跡講座」の教えている「赦し」は裁きの思考体系の取り消しで、学んでしまった間違いを白紙に戻します。心の中にある罪悪感を本当に取り消す方向に向かっていきます。

分離を信じて「罪」を自分の本質的な一部とみなして肉体を自分だと思い込んでいる私たちは世界が取り消されていくことは自分が消される動きに感じるのでもの凄い恐れとなっていきますが「赦し」を通して歪曲している知覚が修正されていくとその広がり感は圧倒的です。そして、さらに実践は楽しくなり、赦しの実践はやめられなくなるでしょう。


実相では、勿論、まったく分離など不可能ですし起っていませんが、分離と言う幻想を信じている心の中には罪悪があり、今でも分離を信じ罪悪と恐れを生じさせ夢を保持し続けている心は癒されていく必要があります。

苦痛とは私自身の考えである。
それは神の想念ではなく、神からも神の意志からも離れて私が考えた私の想念である。
喜びが神の意志であり、喜びだけが愛する我が子に対する神の意志である。
だから私は自分が作り出したものの変わりに、喜びを選択する。(ワークブック レッスン210より抜粋)

 

恐れは自分が生じさせていたと気づいていくプロセスは言葉で語れないほどダイナミックです。状況に左右されない心の平安の体験は「完全に満たされている」体験なので、やめられなくなります。多くのスピリチャルは、特別性の強化となってしまう落とし穴にハマっていることが多いですがスピリチュアル実践でよく言われる「現実が幻想」この言葉の本当の捉え方、意味を知っておくことが賢明です。実践は本当にコツコツと地道な道です。でも、体験は非常にダイナミックです。


真の赦しのプロセスは思考逆転のプロセスです。

 


罪悪感からの解放方法


まず、赦しの実践をスタートさせていくとき、この世界の中に存在している地点から始まっていくので、この世界が自分の幸・不幸の原因の様に知覚しています。確実に、100%混じりっけなくです。しかし、実際は完全に真逆です。もし、仮に状況が私たちの幸不幸の原因なら、私たちは奴隷であり逃げ道はゼロということになります。状況から不快感が生じてしまうのですから。私たちになす術はなくなります。ここで、この文章を読んで、理屈に気づかれた方は、ゾクゾクすると思います。思い込もうとするのでなく、自分が罪悪感を感じた時に赦しの実践3ステップ ①投影を戻す。(怒りの取り消し) ②自分が自我を選ぶ決断で生じていると認める。 ③聖霊に明け渡す。ご自身でも実践されてみてください☆赦しの実践3ステップが練習を積み重ねて行くとその恩恵は巨大です。


赦しの実践3ステップを学ぶ

 


今週の実践の一言(罪悪感からの解放)


喜びだけが愛する我が子に対する神の意志である。だから私は自分が作り出したものの変わりに喜びを選択する。

 

 

 

 

 

今回の記事のライター  MIKA

最後まで通読ありがとうございました。いかがでしたでしょうか?
読んだ方の「独習」のお役に立てたら幸いです。

              

             Photo Monument Valley  by mika

セドナから車で6時間でつくモニュメント・バレー。この岩、何に見えますか?宮崎駿さんの映画が大好きな人にとっては、きっと「わぁ〜〜」って感動だと思いますよ。笑。

 

 

 

 

 

 

 

 奇跡のコース(奇跡講座)を友に学ぶ3ヶ月コース。”神・真の自己を思い出す時間”

 

 

 

 

 

 

奇跡講座トップページ 〉〉〉今日のACIMの一言 〉〉〉罪悪感の原因

■その他のおすすめ記事
ACIMの一言 総まとめページ

投影は心の罪悪感

第1回 投影は心の罪悪感から
罪悪感は心の投影だと理解する。

赦すを映画から学ぶ 第2回 「赦す」を映画から学ぶ!
背番号42 世界を変えた男。メジャーリーグの偉大なる黒人選手の感動の実話 !
罪悪感の原因 第3回 罪悪感の原因
奇跡講座の説明する罪悪感の起源!実相においては、私たちは神の心の中でスヤスヤと安らいでいます。
聖霊とは? 第4回 聖霊とは?
自分の聖霊の声を復活させるには?この世界の中に存在する地点にいる私たちにとっては・・・
自我とは? 第5回 自我とは?
きっと、驚くだろう・・・・自分が自分を罰していると理解した時には、そしてそれが救いの一歩!

  第6回


   

                             

                                      トップページへ戻る

       

          
                               Page Top   奇跡講座学ぶブログ    おすすめウェブサイト   sitemap
                                奇跡講座とは?  ゲイリー&シンディー動画販売   キリストの一言  奇跡講座を学ぶ3ヶ月コース  学習会情報  

                               奇跡講座一言コラムシリーズ
                                罪悪感は心の投影(1回目)  赦す イメージ(2回目) 罪悪感(3回目) 聖霊の声(4回目) 自分への罰(5回目) 
                                時間の終着駅(6回目)   自我が望む事(7回目)     赦しの3ステップ(8回目)   奇跡講座の学び方(9回目)  
                                赦しのレディーファースト(10回目)  ステップ1 怒りの取り消し(11回目)

                                奇跡講座学習会情報
                                東京・岐阜・大宮   東京(豊島園)    名古屋(東区)   名古屋コミュ    大阪    神戸・徳島  
                                和歌山(運営者)   北九州市       福岡・鹿児島

                                      真実に生きる!実相世界で生きる「奇跡のコースの学びが深まる」 はKKCが運営しています。
                                          Copyrights(C)2012 DAINISHINSOTU CO.LTD All rightsreserved