奇跡講座トップページ 〉〉〉今日のACIMの一言 〉〉〉罪悪感は心の投影


赦しを実践することは簡単ではない

 

 

      



投影 とは?

「投影が知覚を作り出す」という、心の根本的な法則。すなわち、私達が内側に見るものが、私達が自分の外側に見るものを決定する。間違った心の状態:罪悪感を自分以外の者の上に転位させ、そこでそれを攻撃して、それが自分自身の心の中に存在していることを否認するが、それにより罪悪感は強化される。分離の責任を自分自身から他者の上へと移し替えようとする試み。正しい心の状態:聖霊による赦しが私達を通して延長される(投影される)ようにすることで罪悪感が取り消される、という延長の原則。

JACIMから引用 http://seminar.jpn.com/hareruya.html


第1回 外に見えている世界は心の状態の反映である。

 

まず、この意味を奇跡講座の言っているレベル感で理解出来るようになるには、時間がかかります。
ニューエイジの学びなどでも、「現実は心の投影」とか「外に見えている世界は心の状態の反映である。」
というようなことは言われているので、奇跡講座で言っている事も同じだと思ってしまいがちですが
実は全く違いますので、この違い点をまず、しっかり認識して学びをスタートすることは重要で
歪曲学習の避ける助けになります。

 

” 奇跡講座の「正しい心」と「間違った心」は単にネガティブやポジティブという概念ではない。 ” 

私たちは、まず、状況に不快感をみていきます。(問題を外に見る習慣に卓越しています。)
ですので、その苦しい状況は自分のネガティブな思考がつくり出していると考えて、それを手放すことで
その状況からシフトしていくという考え方が殆どだと思いますが、要は状況が幸・不幸を司っていて、
ネガティブを手放せば、状況が望みのものになり、そのことにより自分の不快感が一掃されていくという考え方です。
この考えは、表現する手法は色々ですが一見すると状況がシフトしていくことの中に幸不幸を見ていない様に見えるものもありますが、よく見てみるとどれも、状況を好転させていくことが主目的で世界は幻想だとしながら
幻想の中にやっぱり幸せを見ようとする試みということを上手に誤摩化し、その中に救済があると信じている
自我の思考体系の枠組みの中の救済となっています。(自我の罠は本当に奇術師で抜け目がありません。)
奇跡講座を学ぶにあたり、この辺りも誰もが最初、見事に奇麗に間違う初歩的な曲解ランキングの王道で、
奇跡講座の教えていることは、単に正しい心がポジティブとか間違った心がネガティブではないことや
状況を好転させていくようなものではない点を、しっかり学びの初歩の段階で押えて置く事です。
これを押えて置くと、いかに「この世界の変化に意味のある変化はある。」という考えに私たちが、
しがみついているのか、どれだけの深い抵抗があるのかが分かるようになるので助けになります。
状況が好転していく中に救済を感じるというのは、「完全にこの世界がある」という分離が起きたと信じる
自我からの視点で、そうではなくて、この様な視点から脱却していくことだという点をしっかりと押えて
理解しておく事は学びの助けになります。

”  外に見えている世界は心の状態の反映である。”


この意味は、肉体として知覚している個人的が体験されているように感じる見え感のものではないという点です。
この世界全体自体が分離を信じることで罪悪感を自分で生じさせ、その心の中に生じさせた罪悪感や恐れを
「投影」するという心の決断の表れだという点です。他の教えと奇跡講座が言っている
「外に見えている世界は心の状態の反映である。」
は言っている意味のスケールが
私たちが認識してしまうものとは、相当、異なる点です。この点の違いも十分に認識して下さい。
この憎しみや競争心や嫉妬などが、こうゆう現実を映しているんだと考えるような枠組みのものでの
「外に見えている世界は心の状態の反映である」は、ないということです。
「心が原因で外の世界が結果である。」と聞くと私たちがイメージしてしまうようなものは、
奇跡講座の定義で言えば忘却のベールの下であり、まだまだ、結果のレベルに過ぎないレベルだという点を
押えて置く事です。奇跡講座は本当にもの凄い深い深い内容です。


この「心が原因で外の世界が結果である。」の意味が理解されていくプロセスも時間がかかります。
「外に見えている世界は心の状態の反映である」ということを自我の視点で捉えていくと心を変えれば
目の前の現実が好転していくと考えますが、奇跡講座が言っている「心を変える」ということは結果のレベルではなく
原因のレベルで心を変えることを言っています。分離を信じている心を癒すことが可能になる内容です。

” 不快感を感じたら、実践のサイン ” 

私たちは下記の様な「絵」により罪悪感の投影を正当化する(イライラ)ことがありますね。
つまりは、罪悪感を外に投影する決断の表れだと気づくチャンスの瞬間ですね。


相手が間違った心の部屋にいるなら、

自分の心の中にある罪(分離)や罪悪感を他者に転嫁して自分の罪を相手の中で
攻撃することで、自分の罪が一掃されるという、狂気に満ちた狂った自我の救済計画
の論理に従い私たちは、有罪という妄想を強化し合うためにこの絵を使っていきます。


あなたが正しい心の部屋にいるなら、問題(罪・罪悪感)は自分の中にあると認めて
決断の主体まで戻って(原因のレベル)そこで聖霊を選び聖霊の審判の方を選ぶ
決断をしていきます。つまり、無罪性を受け入れる決断をします。


日々の生活で対人関係など不和が生じ始めたら、「赦しの練習」の実践の場です。

自分に対してまずこう言い始めてください。
「イラっと来たら、罪悪の投影の正当化を試みようとしている」
「状況が自分の不快感を生み出していると本気で思い込もうとしている」

奇跡講座入門79ページにも書かれていますが、
コースの中で単一の概念として、「投影」ほど重要なものは他にないほど、重要で、「投影」を理解出来なければ
コースの中の言葉は一つも理解できないと書かれているほど、重要な概念です。

今週の実践の一言 「投影は知覚を作り出す。」


” 問題(罪悪感)は自分の外にあるのではなく自分の中(罪悪感)にある ” 

 

 

 

 

 

今回の記事のライター  栗原みか

現象が好転していく事や望んだものが現れる中に「救済」や「自由」があるという大前提でスピリチュアルをスタートして、不快感を扱っても現象だけが好転していくだけで、自分の中に実は緊張があり苦痛があり裁きがあり
実際には、不幸だという事実に直面し正直にならざる得なくなる。
その時、現れたのが奇跡講座とワプニック氏の解説から奇跡講座を学ぶように
導入紹介している「神の使者」と出会う。

大好きな場所:セドナ

 

実践されてみて何かシェアがあれば是非メールをくださいね。 info@seminar.sub.jp (mika宛)

 

 

 

 

 

 奇跡のコース(奇跡講座)を友に学ぶ3ヶ月コース。”神・真の自己を思い出す時間”

 

 

 

 

 

 

 

奇跡講座トップページ 〉〉〉今日のACIMの一言 〉〉〉罪悪感は心の投影

■その他のおすすめ記事
ACIMの一言 総まとめページ

投影は心の罪悪感

第1回 投影は心の罪悪感から
罪悪感は心の投影だと理解する。

赦すを映画から学ぶ 第2回 「赦す」を映画から学ぶ!
背番号42 世界を変えた男。メジャーリーグの偉大なる黒人選手の感動の実話 !
罪悪感の原因 第3回 罪悪感の原因
奇跡講座の説明する罪悪感の起源!実相においては、私たちは神の心の中でスヤスヤと安らいでいます。
聖霊とは? 第4回 聖霊とは?
自分の聖霊の声を復活させるには?この世界の中に存在する地点にいる私たちにとっては・・・
自我とは? 第5回 自我とは?
きっと、驚くだろう・・・・自分が自分を罰していると理解した時には、そしてそれが救いの一歩!

  第6回


          
                 Page Top   奇跡講座学ぶブログ    おすすめウェブサイト   sitemap
                  奇跡講座とは?  ゲイリー&シンディー動画販売   ACIM一言コラム  奇跡講座を学ぶ3ヶ月コース  学習会情報  

                 奇跡講座一言コラムシリーズ
                  投影は心の罪悪感(1回目)  赦すを学ぶ(2回目) 罪悪感の原因(3回目) 聖霊とは?(4回目) 自我とは?(5回目) 
                  時間の終着駅(6回目)   自我が望む事(7回目)     赦しの3ステップ(8回目)   奇跡講座の学び方(9回目)  
                  赦しのレディーファースト(10回目)  ステップ1 怒りの取り消し(11回目)

                 奇跡講座学習会情報
                 東京・岐阜・大宮   東京(豊島園)    名古屋(東区)   名古屋コミュ    大阪    神戸・徳島  
                 和歌山(運営者)   北九州市       福岡・鹿児島
 
                        真実に生きる!実相世界で生きる「奇跡のコースの学びが深まる」 はKKCが運営しています。
                            Copyrights(C)2012 DAINISHINSOTU CO.LTD All rightsreserved